日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小林節講演会の大成功を喜ぶ

4月29日の同講演会は超満員の聴衆で大成功だったようです。早くから準備された実行委員会の努力が実ったことを密かに喜んでいます。
オープニングの「ピースベルつやざき」のコーラスは素晴らしかった。きれいな澄んだ歌声が心に沁みとおり、優しい思いに満たされました。
小林節さんのお話を直接伺うのは初めてでした。2015年6月4日、安保法制を審議している国会に自民党の参考人として呼ばれていながら、集団的安全保障行使は「違憲」であると明快に語られて以来、氏は「戦争法」廃止陣営の論客として広く知られるようになりましたよね。
小林さんのいささか曲者的な語り口は印象的でした。発言・主張は時折目にしていましたが、今回もごく当たり前の、常識的なお話をされたように思います。氏の改憲論は、会場での質疑応答から察すると、条文修正・追加を旨とするもののようです。ともあれ自民党もブレーン的人物が、安保法制廃止を熱く語り(講演で全国を駆け巡り)、その話を歓迎する人々がかくも沢山いらっしゃることに、ある感慨を覚えました。
 山は動くかもしれません。いや、動かさねばなりませんね。 (会員 牧)
 
スポンサーサイト
太極拳無料体験会に10名が参加!

4月15日(金)、宮司公民館で行われた玄界灘支部の「玄海太極拳サークル」主催の太極拳無料体験会に10名もの方が参加して下さいました。
玄界灘支部で太極拳をはじめて4年目を迎えますが、7名の現会員と参加者10名、総勢17名もそろうのは初めてです。大変うれしい一日となりました。
支部では体験会を開くにあたり、独自のカラーチラシを作り、配ったり、福津市の広報に掲載してもらったり、一般新聞各社の催し欄の活用や新婦人新聞への折り込みなどを行い、参加呼びかけに大いに力を入れました。
体験会終了後も参加された方々に引き続きご参加下さるように、お礼とお誘いのハガキを出しました。
体験会終了後、大阪で5年、経験されておられた参加者の方が「ひとこと言わせて下さい。太極拳は難しいので覚えられないといってやめる方もおられますが、覚えようと思わなくてもいい、積み重ねが大事と思います」と話され、サークル員一同、大変勇気づけられました。(Y)
 
◎6月第3日曜日です。開けておいて下さい

第9回・日中友好協会
玄界灘支部定期総会

日時=2016年6月19日(日)10時~12時

会場=ふくとぴあ・わくわくルーム

※総会終了後、近くで祝賀会をします.
お気軽にご参加下さい。
 
「悪魔の飽食」第26回全国縦断コンサートに1800名!

~ふたたび過ちを犯すまい、戦争への策動を許すな、平和な世界を目指し手をつなごう~

4月10日(日)、「悪魔の飽食」第26回全国縦断コンサート(於・福岡アクロス)を、1800名を越す方々が鑑賞しました。
日中・玄界灘支部の関係者も多数会場に足を運びました。

第1部はご存じ劉福君さんの胡弓演奏でした。
「夜来香」「賽馬」など中国でもよく知られた名曲を4曲演奏しました。
繊細さと力強さを自在に弾きこなす劉福君さんの二胡の音色に嘆息が漏れました。
ついで、久留米信愛女子中高学校合唱部40名(中2~高3)による合唱。
ぴったりと息の合ったコーラスに聴衆は「羨望」の眼差し、驚嘆のざわめきがあちらこちらから聞こえて来ました。

第2部は作曲家・池辺晋一郎さんと作家・森村誠一さんの対談。
ウイットに富んだ池辺さんのリードに森村さんらしい受け答え、聴衆を飽きさせません。
「無言館」(長野県上田市)を話の俎上にし、「戦争は人生を破壊する、人々の愛や夢や希望を無にしてしまうものだ。戦争の足音がする今、私達は力を合わせよう」と結びました。

第3部は、池辺晋一郎さんの指揮による混声合唱「悪魔の飽食」でした。
全国から集まった合唱団と地元福岡の合唱団が心を一つにして歌いました。
日本植民地下の「満洲」で、日本軍によって生体実験された3,000名を越える中国人、朝鮮人、ロシア人たち。
彼らはマルタと呼ばれ次々に生きたまま、実験材料として使われました。
これが“悪魔の飽食”悪魔の所業でなくて何であろう。この人の道にもとる残虐行為(戦争犯罪)は今に至るもまだ、決済されていない。
過去を振り返らない者は、また同じ過ちを繰り返す(ドイツヴァイツネッカー大統領)。
組曲「悪魔の飽食」の第Ⅶ章1番の詩・「君よ目を凝らしたまえ」を私たちは強く胸に刻もうではないか。

<君よ目を凝らしたまえ 目を背けたくても 
背けてはならない 目を凝らしたまえ
私たちは信じよう 人間の英知と良心を 科学を悪魔に渡してはならない
人間の英知が破れぬため 私たちは力を合わせよう 
一人になってはならない 一人にならないために 私たちは集まろう>
 (H・I 記)
 
第87回メーデー万歳!<福岡東部地区>

 2016年の働く者の祭典・福岡東部地区メーデーが5月1日、古賀市役所前の駐車場で行われました。
「生活と権利を守り、アベ政府の戦争法の発動を阻止し、参議院選挙で安保関連法廃止勢力が前進する」ことを願って、地域の労働者や市民は意気高く、五月の空に拳をあげました。
今年は実行委員会形式で取り組まれ、日中友好協会など各団体にも呼び掛けがありました。
メーデー当日は協会員も多数参加しました。


福岡東部地区・第87回メーデー

メーン スローガン

戦争法廃止、安倍暴走政治ストップ
脱原発と熊本・東日本復興支援を強め
   働く者の団結で、生活と権利・平和を守ろう!

サブ スローガン

1、熊本・東日本大震災での復興支援を強め、大企業の内部留保を復興資金に回させ、原発依存のエネルギー政策を転換しよう
2、地域共闘の前進で16春闘を勝利、非正規労働者の正規化と未組織労働者の組織化で、労働条件を底上げし、生活と権利を   守ろう
3、「改悪労働者派遣法」の廃止、残業代ゼロを促進する「改悪労働基準法案」を阻止し、雇用と働く者の権利を守るルールの確   立しよう
4、年金・健保・医療など社会保障制度の充実めざし、後期高齢者医療制度を即時廃止し、弱者いじめの消費税増税を撤回させ   よう
5、独立行政法人機構による人員削減の阻止、医師や看護師を国の責務で増員し、住民の命と健康を守ろう
6、憲法9条や25条を主とする「日本国憲法」を守り、公教育の完全無償化と教育予算を充実させる運動を、地域・草の根から広げよう
7、アメリカ追随のTPP(環太平洋連帯協定)から即時に脱退し、日本の食と経済・地場産業を守ろう
8、沖縄を始めとする「米軍基地」やオスプレイ配備を撤去し、日米安保条約の廃棄と世界の核兵器を廃絶し、日本の主権と平和   を守ろう
9、企業団体献金の禁止や偽装献金を究明し、金権腐敗政治の根絶、政党助成金を廃止しよう
10、労金は働く者の「メーンバンク」、預金もローンも労金で、福利・厚生・生活の向上につなげよう

2016年5月1日
  福岡東部地区・第87回メーデー
 
~よっちゃん祭を市民と楽しむ~

 人気が定着して来た紹興酒、手作りお菓子、「キャンディつかみ取り」
 今年も4月23日(土)、24日(日)の両日、恒例の「よっちゃん祭」が「津屋崎漁港」と「なごみ」を中心に盛大に行われました。
当玄界灘支部は、今年で4回目の参加となりましたが、今回は従来の1小間から2小間に増やし、“玄界灘支部ここにあり”と大きくアピールしました。
 今回も多くの会員の協力で成功させることが出来ました。福岡支部事務局長の大井さんは、遠方よりわざわざ陣中見舞いに来て下さいました。
 支部の山下さんは今年も絶品の“手作りのおかし(マドレーヌやゴマ団子)”を出してくれました。
また支部員の協力で“キャンディーつかみ取り”コーナーもでき、子どもたちの人気を博しました。
県連もウーロン茶などの「商品」の物資調達の支援をしてくれました。
また、「戦後回憶録」や機関紙も販売しました。
 日中友好協会と言えば、紹興酒のイメージが津屋崎に定着し、初日に25瓶(600㏄入り)、2日目に9瓶と売り上げは好調で用意していた空瓶が不足するほどでした。これは紹興(商工)部長?岩佐さんの観衆の前での甕割り、甕から空瓶への酒の詰め替えの実演が功を奏したのでしょう。
 来年は更に成功するように、ビール及び中国的なつまみ(餃子やシューマイ等)の販売も考慮中です。会員、読者のみなさまのアイディアも必要です。
市民や地域住民とともに楽しむ「よっちゃん祭」にするため、ご協力よろしくお願い致します。  (Y・K)
映画「望郷の鐘」事前学習会

  10月17日(土) 10:00~11:30
  ふくとぴあ 2階 わくわくルーム
話す人 岩佐英樹 日中友好協会玄界灘支部事務局長

    もちろん、無料です



上映

 11月21日(土)  福津市中央公民館
 
     22日(日)  宗像市河東コミセン

  両会場とも ①11:00~  ②14:00~

望郷の鐘表    望郷の鐘うら

「なかまつくり・秋の大運動」(9/1~11/30)

会員・機関紙読者を増やす運動にご支援を!
                       
 今秋9月1日から3ヶ月間、日中友好協会中央の呼びかけによる「なかまつくり運動」が始まりました。
“協会をいっそう多くの市民に知ってもらうことと、中央の財政を支える“ために全国的にとりくまれます。
9月6日(日)には中央の矢崎事務局長が来福し、「なかまつくり・秋の大運動」のための「九州地区事務局長会議」
が開かれました。
支部から川辺なかまつくり担当と岩佐事務局長が出席しました。

自主目標の早めの達成めざす!

わが玄界灘支部は自主的に来年の6月の全国大会時に120人に到達する計画を立てているので、その「自主目標の前倒し達成に迫る」ということになります。

平和な東アジアの環境をつくる

日中の軍事対決でなく、“外交、話し合いで”解決を!
「日中友好新聞」は、この趣旨で編集されています。
やたらと周辺国への敵愾心を煽って、自国の海外派兵や軍事強化をカモフラージュするマスコミとは対極にあります。
回りの方にぜひ「いちど読んでみて」と勧めて下さい。
そして、会員にもなってもらって下さい。

         玄界灘支部役員会
 
受験に向け、予備講座を開く!

玄界灘支部では検定試験に向けて、「地理」「近現代史」の分野だけですが、動機づけ、雰囲気作りのために予備講座を開きます。
常識的な、親しみやすい講座にします。
今回受験しない方もこぞってご参加下さい。
これからの日中友好運動に大いに役立ち、中国がいっそう好きになりますよ。

日時 9月18日(金)18:00~19:30
会場 ふくとぴあ 
受講料 なし


中国百科検定~宗像から6名受験

9月27日(日)に実施される「中国百科検定」の受験者は6名でした。
2級が4名、3級が2名です。
テスト問題は「テキスト以外から出題しない、問題集から出る」とのことです。
中国に関する常識的な設問内容です。


中国百科検定のポスター掲示を快諾!

福岡教育大学・東海大学福岡短期大学の職員のみなさん、
  ありがとうございました。

上記の2大学(共に宗像市)を訪れ、百科検定試験(9月27日)のポスターの学内掲示をお願いしました。
両大学とも快く引き受けていただきました。
お世話していただき、ありがとうございました。松尾
~第3回「般若心経壱千巻写経納塔」前の集い~

建立者(中村隆次氏)の
反戦平和の思いに誓い新たに!


8月23日、蝉しぐれの降る鎮国寺境内の「般若心経壱千巻写経納塔」=反戦平和の塔前で第3回「塔前のつどい」をしました。
「涼しい時間に作業をしたい」との意見で、今年は1時間繰り上げ“午前9時”から美化作業を開始しました。
参加者は6名(西村、野中、岩佐、松尾、伊規須。それに遠く福岡市南区から太極拳の中西先生)でした。
前半の1時間で碑の周りの草抜きや雑木のかたづけをしました。

10時から「つどい」。
まずは西村支部長の開会のあいさつ。
続いて、野中さんが用意した「般若波羅蜜多心経」を一緒に読みました。
建立者・中村隆次さんはこれを壱千巻も書き上げ、その書がこの碑の中に納めてあります。
ひき続き、碑の裏面の碑文を伊規須さんが朗読しました。
戦争法案が強行採決されようとする情勢下で、この碑の持つ深さ、重たさをみんなでかみしめました。
とりわけ「其の紅蓮の炎はわが心に焼き付いて消えず、其の白煙の余臭は鼻に残って去ることがない」「戦いは侵略であって如何に中国民衆を苦しめたか……」の下りは中国大陸での侵略戦争に従事させられた者でないと語り得ないもので、読む者の胸に迫るものがあります。

この塔は1986年、故中村隆次さん(宗像市日の里)が徴兵されて中国侵略戦争に手を貸した深い慙愧の念を般若心経千巻の写経によって、謝罪の気持ちを表し、私財を投じてこの塔を建立し、写経した般若心経千巻を奉納したものです。
2015年の今夏、今まさに日本は岐路にたっています。この碑の建立者・中村隆次さんと同じく反戦平和の願う声は「憲法を守れ」「9条をまもれ」「戦争法案を撤回せよ」と今、列島でますます大きくなっています。
中村隆次さんは戦争のない平和な日本を願いつつ、その想いを私たち後生に託して、数年前先立たれました。
私たちは中村さんの意志に応えるためにも、日中友好運動を地道に続けて行く決意を新たにしました。

境内にある碑

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。