日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<孫らとの生活> 

家族ビザになっての日々。アルバイトで1日、ボランティアの日本語クラブで3日、孫の学校送りの早朝3日、土曜日を除く週6日、外に出ている。家にいる時は、「おやつの時間」などのお相伴にも与る。何十年振りになるだろうか、悦楽気分の上海生活だ。

「初めて中国に来た日本人の中には、うがいをしただけでお腹を壊す人もいる」。孫が転校した日本人学校の説明会で聞かされたが、孫らは健康。飲食に関する心配は無用。とは言え私の食事作りはなくなったから、全て「没関係」だ。日本と同じ贅沢な毎日である。

孫らの言動に驚かされる。感受性も羨ましい。時に、中国語の発音を学生たちが教えることもある。子どもらの耳はよさそう。学生等は孫が可愛いと言う。日本人の子どもに興味もあるのだろう。孫と教え子が互いに素敵な日中友好の役割を果たしている。有難い。


<和孙儿们共处的日子>商冬梅

临近家族签证的日子了.总结了一下本周,短期工做了1天、以志愿者身份去日语角3次、有3天早上送孙儿上学、除了星期六,有6天在外面转悠.呆在家里时,”就属于老头自个儿的时间了”.回头看看已有好几十年啦,对于在上海的生活总体是满意的.

“ 初次来中国的日本人圈子里,也有光口头上热乎,可肚子里装着坏水的家伙大有人在”我听孙儿说了,”关于转校后所在的日本人开办的学校,举行的说明会的事.”可喜的是,孙儿所处的环境是健康的.对饮食方面操心也是多余.话说回来,因为我不开灶,对什么都无所谓. 生活模式和日本基本一样.

对孙儿们的言语行动力等,吃惊不小.也慕他们的感受力.有时孙儿还会指导学生们的中文发音.孩子的听力似乎挺好的.学生们都夸孙儿可爱,似乎对日本人的孩子很感兴趣. 难得啊,孙儿和学生们为中日友好的交流正贡献着一份力量呢!!

              いしづさんち付近太郎丸交差点の西の空(秋に撮影)




スポンサーサイト
いしづさんの中国報告から 

<漢方の煎じ薬>

親知らずが生え、胃も悪くなったという学生がいた。
胃の煎じ薬を一週間毎日何百ccも飲むのだと言う。
「良薬は口に苦い」から余計に大変。
友達である「漢方医」は、胃と歯の部分が「経絡」で繋がっているから、
関連して痛みが襲って来るのだと指摘する。

少し前、私が突然の腰痛に襲われた時、「漢方医」は取り敢えずの処置として
西洋の痛み止め薬を買った。
一端痛みは無くなった。幸いその時の私の当面のストレスも解消したため、
痛みもきれいに消えた。
だからこの件で漢方薬効果を確かめるまでには至らなかった。

 水虫に対する漢方での治療方法の有無を「漢方医」に尋ねた。
諦めているのだし、少々億劫だが、余り期待しないで漢方学の世話になる
ことにした。結果が出るのは随分と先だろう。でもこの中国にいるからこそ
試みたくなるこの種の努めもまた興味津々である。


<中医药方-汤药>

有些学生,在父母不知情的情况下生下他们时,胃就已经出了些毛病. 听说每天要服
用治疗胃病的汤药几百升,还得连服一周.「良药苦口」,还真是苦药!
有从事中医行当的朋友也曾说过:”胃和牙齿因神经相连,痛感来袭时,也是相互关联的.”

就在前不久,我突发腰痛, 暂且按中医药学的治疗处方 ,买了西药止痛剂,后来还真就不疼了.且庆幸的是,这也即时消除了我当时所面临的压力,痛感也彻底根治了.
通过这个经历,我决定不弄清楚中医的药效不罢休.

有没有脚气的中医处方 ?我在<中医药学>上查找了一下. 最后还是放弃了,也确实是挺麻烦,反正不期待靠中医帮到我什么.或许中药处方不是那么轻易就能掌握了解的.
但就因为是在中国,所以还是兴致勃勃地抱着尝试的态度研究这个题材.

石津さんからです 
どんな船に乗ったのかなあ、と勝手に写真をつけてみました 

<新たな9月に向って>

こんな船にのったのかなあ・ひとみ    下関⇔青島約27時間30分


 船で中国に入るのはいい。飛行機の半額であった。
大学時代の青函連絡船を思い出しつつ船底の一番安い大部屋を選んでいた。
支給される毛布と固い枕。電源側に陣取ると、ワープロも簡単。
朝食は船側のサービス。のんびりした時を過す。

下関-青島の諸費用込み最安は18100円。
青島から上海は夜行バスで200元(2600円弱)。
福間から下関までのJR運賃は1090円。合計約40時間、22000円弱。
地震などで延期された長崎-上海航路が始まるとすれば、これが一番。
来年3月以後を楽しみにしたい。

家族ビザ取得の申請を行なった。
今後のアルバイト依頼と既に決まっているバイト先への挨拶も済んだ。
上外大でのボランティア活動再開の目途もたった。
孫の行く学校への送り迎えの手順や時間の有効活用のための施設利用等を実地に試している・・・。

《迈向全新的9月》 (张点)

偶尔坐船来中国也是个不错的选择。花费是飞机的一半,
正是想起了大学时候的青函渡轮的船底是最便宜的,这次才选择了那时的大的房间。
提供有毛毯和硬枕,早饭是在船边免费提供的。乘船的这段时间过得很舒适。

从下关到青岛的线路所有费用算在内最便宜要18100日元,
从青岛到上海乘夜行车花200人民币(不足2600日元)。
而从福间到下关的JR线的票价是1090日元。合计一下,大概40小时、不到22000日元。
如果开启因为地震等原因被延期的长崎到上海线路的话,是再好不过的了。
期待明年3月以后。

去申请过了家庭签证,以后依靠的打工和已经决定的打工的事前问候也完成了。
再次开始来上海外国语大学的志愿活动的目的也想清楚了。
甚至为了孙子去学校的接送顺序和时间的有效利用而采用哪些设施也实地的去试了。

中国から (いしづさんからの投稿です)

<夏のすき焼き>

 日本からのお客さんが我が家に来てくれた。話が何よりのご馳走なのだが、
それでも迎える側として食事を考える。冬の客を前にホットプレートを179元で
買い、すき焼きをしたことがある。今回は櫻田さんが残してくれた電気鍋の使用。
温度調整がまだ上手くいかなかった。「夏にすき焼きか」とからかわれもした。
でも客人あればこそ頑張れることがある。何の料理であれ、鍋試しが出来て
実に楽しかった。

電気鍋は、場所を選ばない。コードが引ければどこでも皆が丸く囲む形になれる。
日本でのすき焼き鍋を囲むのと同じだ。一つのテーブルの上に、少しも汚れてなど
ない鍋がある。ぐつぐつ煮える。白菜や蒟蒻などないから必要な汁は事前に昆布だしで
作る。通常しない料理の中、子ども時からの砂糖・醤油味こそ自分の好みであったこと
を再発見する。


<夏天的牛肉火锅> (谢庆凯)

有位从日本来的朋友到我家做客。虽然没有比聊聊天说说话更高兴的了,但是作为主人还是要想一想做什么菜肴来招待客人。冬天的时候,做了次牛肉火锅来招待别人,用的是之前花了179块钱买的电磁炉。这次用的是用樱田老师留给我的电热火锅,可我还不是很会调节热度。客人调侃了句「夏天里吃牛肉火锅啊」,正因为有客人来访才会这样花一番心思。不管是做什么菜,最开心的是能用一用这个电热火锅。

电热火锅不分场合,无论在哪只要插上电大家就会围成一个圆坐下,一张桌子上放着一个干干净净的锅子,就可以咕嘟咕嘟地煮起来。和日本吃牛肉火锅时一样。因为没有白菜、蒟蒻,最重要的汤汁是事先用海带熬的。吃着平时不怎么做的菜肴,回忆起一件事——从孩提时代就特别钟爱砂糖和酱油的味道。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。