日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介

     <2009年10月25日号>

43号『ニーハオ玄海』
*「かっぱの起源 世界中のかっぱの種族などからおもいついたこと」中国から9000匹のかっぱが渡来した話など(古賀伸生)。 *「立命館大学生の強制連行・強制労働現地調査」門司港、田川での見学。*ご案内二つ「2010年カレンダー届く」「11月14日(土)晩秋の大宰府を行く」*「司法が和解の道を開け 最高裁に初めて入るの記」鹿島組が作った最高裁の建物の中で、早期解決のための司法の役割を訴える(岩佐英樹)。

393号『福岡県連版』 
*案内「期待高まる モンゴル音楽の夕べ」*「久留米・筑後支部長に馬奈木弁護士 副支部長に学生2名」。支部長の挨拶「日中友好のきずなをより確かなもににしよう」「私達はもっともっと事実を知るべきです。私達の祖父や親、そして私達自身が何をしたのか、今何をしようとしているのか、をもっと知るべき。」「アジアの人類に対する戦争犯罪者」の孫達がこの侵略戦争を美しい国などと称して、その再現の願望を公然と表明するなど、とうていゆるしてはならない。」*「興味を抱くことは、スタートに立つこと 『宋家の三姉妹』を観て考える」年配者の思いにも異議を申し立てた学生の率直な意見。

2174号『全国版』
*「日中友好と太極拳交流の輪広がる」。*「映画『南京!南京!』スペインのサンせバスチャン映画祭で最高賞。来年日本で公開 陸川監督が言明。日本人を鬼畜として描いていない。お互いの史実を見直す日中の架け橋になることが願い。*「四川大地震の記録映画『風を感じて』制作プロデューサー華僑二世・黄淑柔さんの制作の契機の事実や作品紹介 震災の中で助け合う人々の姿」。。*バルザックが贈った『小さな中国のお針子』の自立(石子順)。*「うがいをしない中国人」。*ことば「民主」「大臣」考(一海知義)。*「台湾と福建 平和のなか進む協力関係」(井手啓二)。「河村名古屋市長の認識を問う 南京大虐殺事件をゆがめて答弁」。*「中国共産党17大会4中総 党建設・政権担当の水準向上目指す」汚職腐敗にも目を向けて。*「北東アジア発展フォーラム  経済危機に共同対話を」。*「中国にも独禁法?」(丸山重威)。*「何故拡大が必要か 方針提起」。

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『中央版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)
<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介

<2009年10月15日号>

42号『ニーハオ玄海』
*「”アヘン密輸で民が生活苦”を知る  紙芝居感覚で学べる楽しみ」中国近現代史講座に出席しての感想(松尾ひとみ)。 *ボランティアハウスふくま「ほっとする作品集」にニーハオ玄海も『中国の笑い話 女心』を出品紹介。*ご案内二つ「11月14日(土)晩秋の大宰府を行く」・「中国語講座日程と講師吉田琢斗氏紹介」。

392号『福岡県連版』
 *ご案内「期待高まる モンゴル音楽の夕べ」*「青年学生対策委員会を計画」本部事務局長を迎えて。全国注目の学生班が存在する福岡県連。次代を担う若い人を迎えることを意図した画期的会議。*強制連行殉難者の碑建立を荒尾市関係機関に申し入れ。*映画『嗚呼 満蒙開拓団』感想、想像に絶することばかり。引揚者は戦争の犠牲者。*新中国建国60周年を祝う福岡市内の中国帰国者の集い。

2173号『全国版』
*「近代化達成に新たな一歩 中国記念式典」・「中国60年の歩み年表」日中関係は、草の根の交流こそ。鳩山首相・胡主席合意の③「国民感情を増進し、民意の基礎を固める」も注目。*「今年こそ可愛いヒナを見たい」中国陝西省野生のトキは日本のトキとDNAが同じ。第2次放鳥がこの程行われた。*「新中国に影響与えた60人の外国人」日本人は5人。松下幸之助、渡辺武、田中角栄、高倉健、小泉純一郎。*「関東大震災86周年」朝鮮人6000人以上、中国人7000人以上、進歩的活動家ら10数人を虐殺。*「中国西安だより 市民等も加わった盆踊り」*北京地下鉄事情「優先席・整列乗車も」北京の地下鉄はどこまで乗っても僅か2元(28円)。*刊行物紹介、往年活躍の経済学者が今また登場する。金子ハルオ解説『賃労働と資本』『賃金・価格・利潤』*中国のスター「周迅」石子順。 

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『中央版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)

091016

    <目の当たりにした記念行事>
 夜中も早朝も、10時からの開会もそして夜10時の閉会過ぎまで、「CCTV新聞」チャンネルを兎に角観ていた。圧倒されたのは映画『閲兵式』を思い出した解放軍や民兵らの行進だけでない。56民族の特徴を誇示する集団乱舞も夜遅くまで果てなく続いた。「60周年記念特別報道」を通して見た人文字の色、文字、動きも含め中国の色彩感、芸術観も堪能した。
花火の技術も半端でない。三年前蘇州寒山寺での年越しで見上げた花火では日本の方が優れていると思った。しかし壇上の村山富市も思ってたろうが、花火の歴史を誇るここぞの中国は日本の及ぶところでない。北京オリンピック報道で一部CG活用に批判があったが、技術の拙さを隠すためでなく天候への配慮だとする理由を素直に認めることが出来る。
     <亲眼所见纪念仪式>
  无论半夜还是早上,在“CCTV新聞”频道总看到10点开始的开幕式和晚上10点的闭幕式。令人惊叹的不仅是电影《阅兵式》的解放军及民兵等的检阅式,还有展示56个民族特征的团体舞也持续狂舞到深夜。通过“60周年纪念特别报道”看到的包括文字色彩,文字和举动等,感叹中国色彩感,艺术感!
烟花的技术也贯彻各个角落。三年前在苏州的寒山寺过年时看到的烟花时觉得日本的烟花较好。天安门楼上的村山富市也这样想的吧!日本烟花不上有很长历史的中国烟花。 虽曾批评北京奥林匹克的报道中一部分活用CG,但承认并非为了隐瞒技术的技術的拙劣,而是考虑到气候等因素。

<国慶節前後の畑>
 胡麻の収穫の後が大豆。胡麻は刈り取った茎のまま壁等に立てて干すが、大豆の多くは畑に横にして干し、日本で見ることの出来なくなった道具をくねくね回して実を落とす。一部、道路上に並べ車や人の足に触れさせている家もある。サツマイモはまだ。かぼちゃも花を咲かせた段階。稲は少し離れた所で見られるが、一部の早場米が黄色、殆どはまだ緑色状態。大学内のちょっとした空き地にも青菜を期日を違えて種撒きし、収穫期が絶えないよう努める農民もいる。我が宿舎を含む近辺の大学群は今「大学村」と称される。当然少し前までは広大な畑だった。今も農家が川沿いに軒を連ねる格好で並ぶ。皆無言でひたすら働いているが、その側を初めて通る下駄履き姿を殆どが一瞬動きを止めて見ていた。
<国庆节前后的田野>
  芝麻收获过后是大豆。芝麻是把茎割下来放在墙壁等立着晒干的,而大部分的大豆是在田地旁晒干。在日本见都没见到的上下地来回转动的工具把豆子打落下来。一部分,让路上的车及用脚踏的人家也有。芋头还没成熟,,南瓜正在开花。水稻在离得稍微远的地方可以看到,一部分的早米已经是黄色了,但几乎还是绿色状态。大学里面的狭窄空地上,也有农民努力地根据不同的季节种青菜,好像收获期永远都没停过。包括我宿舍在内的附近大学群现在称之为“大学城”,当然之前是广阔的田地,现在沿着河边也有好些农家连着。大家默默无闻地一心辛勤劳动着,但当第一次看到木屐时几乎所有人都停下手中的活。

「個人ビザでの日本旅行」
  蘇州海外旅行社(歩亜俊サン)を訪ね、津屋崎で中国語の案内書を作ることを伝えた。この会社は日本人観光客を中国各地に紹介するのが本来の仕事なのだが、逆に中国人を日本に紹介する仕事も始める契機になって欲しいと、津屋崎千軒の日中両語併記説明文を渡す。
 のんびり煙草でも吸っていると、休憩中の近くの従業員が何人も周りで質問してきた。一人に北海道と富士山の知識があったが他は知らない。福岡など聞いたこともないとか。
 昔日本でも海外旅行は特別の人の特権だった。今は全く異なる。中国も同じだろう。個人ビザが許可された。黄山の阿部さんも身辺の世話をして来た中国人のSさんを日本に戻
る際、ちょっと連れて行くのだと言う。政策の変化が具体的に現れている。
「个人签证的日本旅行個人」
  拜访了苏州海外旅行社(步亚俊先生)告诉他我们写了津屋崎的中文介绍书。这个公司本来的工作是给日本观光客介绍中国各地的,相反地也想有机会向中国人介绍日本。交给他津屋崎千轩的中日两语并用的说明书。
  慢悠悠地吸着烟雾时,和附近正在休息中的事务员聊天。一个人对北海道和富士山的一点儿了解但其他地方完全不知道,福冈甚至连听都没听说过。
  以前即使在日本海外旅行也是特殊人的特权。现在完全不一样了。中国也这样吧。个人签证被认可,黄山的阿部也说想在回日本的时候也带上得到照顾的中国人S,政策正在具体变化着啊!

<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介
<2009年10月5日号>

41号『ニーハオ玄海』
*「日本軍に捨てられた開拓団の人々」映画『嗚呼 満蒙開拓団』を観ての感想。終戦前後日本軍に置き去りにされハルビン郊外方正県等で苦労した人たちの物語。*玄界灘支部長の紹介する宇都宮英人著『相談者のための中国語ノート』。日の里空手スクールも営む弁護士の著者の願いを垣間見ることが出来るようです。

391号『福岡県連版』 
*「日中友好協会福岡県連第48回定期大会議案書」◎一人ひとりを大事にし、活動五原則に沿って、活き活きした運動を進めよう◎生きがいとなり、友好・平和に貢献する協会を作ろう◎全ての支部が倍加し、全市町村に輪を広げ、2000名の県連を作ろう。

2172号『全国版』
*「中国建国60周年を祝う」長尾会長や上海万博イメージソングを歌うam・inらの意見。*「中国建国60周年記念 福岡糸島支部長宗広勇蔵」1958年の帰国まで新中国の建設に従事していた感慨 *「中国紙、鳩山新政権を論評 期待不安」*「なぜおじいちゃんを殺した!原秀彰」日本軍に殺された現大学生の慟哭の紹介 *「大学卒業者も村官に」定着は農村の発展と軌を一にする。*「夜明け前の厳しさを耐え抜いた『孫文 百年先を見た男』」映画紹介。「8月29日中国映画人が一堂に会する 石子順」 

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『中央版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)
本文「320字」・中国からの三題ばなし091001
            (中文翻译 刘秀凤)

<建国60周年の立会い>
意図的ではなかったのだが今この中国にいて、60周年記念に向けての取り組みをテレビを通して垣間見ることになった。この一ヶ月、「我愛中華」の文字や言葉を見ない日はなかった。56民族の異なる言語の中での唯一の合言葉になると言うのだろう。
 中国人のブログ中の部分紹介(サーチナ)に、「反日は愛国でない。偽造や贈賄が反愛国だ」と言うのを見つけた。同じサーチナで「若い人に反日が増えているのは、過去の日本の侵略行為が残虐、悪質だったからでなく、その事実を本当だと知らなかったり認めない日本はまた侵略する可能性があるからだ」とあった。
 中国でも新型インフレの流行が進んで、式典への影響を危ぶむ声もないではなかったが。
<建国60周年的现场提提体验>
无意识看到了最近正在热播的中国建国60周年纪念的电视节目。这一个月里,没有哪天没有看到“我爱中华”的文字及语言。也许是56个民族不同的语言中唯一共同的言语吧。
  中国人的博克(沙池娜)其中有一部分是这样的:“反日不是爱国,伪造或贿赂是反爱国。同样是沙池娜,也这样写到:“年轻人反日情绪高涨不是因为过去日本的侵略行为残酷暴虐,而是因为不知道事实或不承认事实的日本将来还有可能再次侵略中国。”
  新型流感在中国也迅速蔓延,庆典仪式危险性的声音也不是没有的。

   <非日常の飲食>
長い旅の列車の中でも飲食物を買う習慣を私は持たない。中国でも買わない。が、偶に気まぐれが生じる。私はビールを買った。日本では飲まない物だ。旅の過程で何となく買いたくなったのだ。ジュースでもヨーグルトでも5,6元。ビールも5元。コップもないから瓶ごと飲む。周りでビールを飲む人は誰もいなかった。私一人が酔っていた。
私の日常感覚では、10元(140円)の食事は高い。しかし旅の途中高く思わない時もある。ホテルが市民に開放している朝食券を10元で買った。私は少食だから、食べ放題方式では人のように元は取れない。でも食堂で日記をつけパソコン打ちの出来るゆとりは日本でも見つけたことがない。この食堂では実行できたのだ。
<非日常的饮食>
我没有在长途旅行列车上买食物的习惯,在中国也一样。但是,偶然心血来潮,我竟然买了啤酒,这种在日本我也不喝的东西。在旅途的过程中也不知为何就想买了。无论饮料还是酸奶都要5.6元,啤酒是5元。没有杯子只好拿着瓶子喝。周围谁都没有喝啤酒只有我一个人醉倒了。
在我的习惯思维中10元(140円)的饭菜有点贵,但是在旅途中不感觉到贵的时候也有。旅店里我买了10元向全民开放的早餐券,因为我食量少,吃自助餐不划算,但是在那个食堂可以敲敲键盘写写日记,这样空闲的食堂在日本也找不到。


「中国と日本の距離」
外国人への中国政府の修業ビザ交付は難しくなって来ていると言う。年齢がそうさせただけではなく、今回「大学卒業証書」はともかく「日本語教員受講修了証」の提出も求められた。書類送付に時間を要するはずだったが、学校は国際電話をかけるよう要求した。それで確かに事務処理が少し進んだ。
この間、別の発見をした。私の日本での携帯は外国使用は不可なので日本からの電話は繋がる訳がない。なのに、ある人からの電話を受けて話すことができた。また携帯メールだと姪とも通じたからびっくり。また、経験済みで驚くことでなかったが、スカイプですぐ間近に孫の声が聞けた。距離の近さが諸々そうさせているのだろう。
「中国和日本的距离」
虽说中国政府的外国人修业签证很容易办到,关系到年龄就没那么简单了。这次不仅“大学毕业证书”还要求提交“日语教师修了证书”,当然要求资料提交的期限,学校要求打国际电话, 事务处理确实有一点进展。
前一阵子,发现了其他的事情。我在日本的手机因不能在国外使用的,从日本打来的电话也是接不通的。可是,我竟然接通了有个从日本打来的电话,还有惊奇地接到侄女发给我手机短信!以往的经验虽不感到惊讶,用Skype能马上听到孙子的声音,日本和中国的距离真是变小了! (090930)