日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2011/101234567891011121314151617181920212223242526272829302011/12

古賀さんの回復を祈って

古くからの会員・古賀さんが入院されて、もう1年半になります。
8月5日には傘寿になられました。
お見舞いに行って、声をかけ手を握るくらいしか私には出来ません。
枕元のラジオの上には御家族から看護士さんへの連絡メモが置いてありました。
「NHK教育の囲碁をつけてください。ありがとうございます。
その他はニュース(国会など)やクラシック音楽、静かな対談ものが好きです」
と書かれていました。
学問的な趣味な古賀さんの元気な時のすがたを思い出しました。
何とか回復してくれることを祈りつつ、病院をあとにしました。(岩佐英樹)

                早く元気になられますよう

<孫らとの生活> 

家族ビザになっての日々。アルバイトで1日、ボランティアの日本語クラブで3日、孫の学校送りの早朝3日、土曜日を除く週6日、外に出ている。家にいる時は、「おやつの時間」などのお相伴にも与る。何十年振りになるだろうか、悦楽気分の上海生活だ。

「初めて中国に来た日本人の中には、うがいをしただけでお腹を壊す人もいる」。孫が転校した日本人学校の説明会で聞かされたが、孫らは健康。飲食に関する心配は無用。とは言え私の食事作りはなくなったから、全て「没関係」だ。日本と同じ贅沢な毎日である。

孫らの言動に驚かされる。感受性も羨ましい。時に、中国語の発音を学生たちが教えることもある。子どもらの耳はよさそう。学生等は孫が可愛いと言う。日本人の子どもに興味もあるのだろう。孫と教え子が互いに素敵な日中友好の役割を果たしている。有難い。


<和孙儿们共处的日子>商冬梅

临近家族签证的日子了.总结了一下本周,短期工做了1天、以志愿者身份去日语角3次、有3天早上送孙儿上学、除了星期六,有6天在外面转悠.呆在家里时,”就属于老头自个儿的时间了”.回头看看已有好几十年啦,对于在上海的生活总体是满意的.

“ 初次来中国的日本人圈子里,也有光口头上热乎,可肚子里装着坏水的家伙大有人在”我听孙儿说了,”关于转校后所在的日本人开办的学校,举行的说明会的事.”可喜的是,孙儿所处的环境是健康的.对饮食方面操心也是多余.话说回来,因为我不开灶,对什么都无所谓. 生活模式和日本基本一样.

对孙儿们的言语行动力等,吃惊不小.也慕他们的感受力.有时孙儿还会指导学生们的中文发音.孩子的听力似乎挺好的.学生们都夸孙儿可爱,似乎对日本人的孩子很感兴趣. 难得啊,孙儿和学生们为中日友好的交流正贡献着一份力量呢!!

              いしづさんち付近太郎丸交差点の西の空(秋に撮影)