日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2012/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎ランタンフェステイバルの旅に参加して

 今後とも日中とのお付き合いを!
                 拓也さん

昨年、広州旅行に出席させて貰い、孫文と梅屋庄吉の出会いを知りました。
今回の長崎ランタンフェステイバル旅行のスケヂュールを新聞で知り、
ぜひとも孫文の足あとを知りたいと思い参加させていただきました。
玄界灘支部の方、また長崎支部の方にお世話になりました。
今後とも、日中友好協会とのお付き合いの程、よろしくお願い申します。
   

 行けてよかった<孫文と梅屋庄吉展>
                 千代さん

日中友好に当たり、少しでも皆様の勉強について行きたい、
<孫文と梅屋庄吉展>に行きたいと思っていました。
思いがけず皆さんとの楽しい旅行に参加でき、また、長崎の先生にも親切な
ご案内を頂き感謝するばかりです。
間近な長崎の街にまた出かけて来たいです。
こんな機会を下さった皆様、またお世話役の方々、本当にありがとうございました。


 パン食のみはちょっと残念だが
                 寅彦さん

○長崎支部の現地案内があり、日中ならではの詳しい説明があり、参加してよかった。
○ホテルの朝食はパン食のみだったのは残念……予算の関係があるが。


 年齢相応のスケヂュールも考慮したら
                 Aさん

ガイドの方が2人いてよかった。さすが日中友好協会の組織の力だ。
1日目はかなりハードスケヂュールになったと思う。
2日目は十分に時間がとれてよかった。
※次回はメンバーの年齢を考えて、見学があまりきつくならないようにしたらどうでしょう。各自の自由時間を取ってもよかったかも。例えば、昼食時間と重ねて。

 
 2日間、楽しかったです。また、お誘い下さい。
                  康志さん・久美子さん

  
 小学生のように眠れなかった前夜
               Bさん

前日より、小学生のように眠れない夜でした。
当日は天気もよく、一緒に参加する人も気心がわかり、とっても楽しい旅でした。
「孫文と梅屋庄吉」の記念展示がよかったです。
日中長崎の方にも細やかに案内していただき、誠にありがとうございました。
また、ランタンの旅を準備された方、大変だったと思います。ありがとうございました。


 日本と日中の未来へ、歴史を振り返って見る旅
               佐さん

これまで何回か長崎に来ていますが、三福寺、唐人屋敷跡、出島など
今回が初めて来たような感想です。
以前に比べてそれぞれの環境が整備されていることと、私の見方も少し
変わったためでしょうか。唐人屋敷や出島が見直されていることはよいことで、
歴史を振り返って見ることで日本と日中の未来も開けて来るかも知れません。
俳句のためにもよい勉強になりました。


 旅行時のみのグループを考えては
               君代さん

お世話して下さいました方ほんとうにありがとうございました。
団体行動はほんとうに大変でしたね。
聞いていない人、聞いてもすぐに忘れた人がいっぱい。
何度も説明していただきお疲れになったことと思います。
次回には旅行時のみのグループを提案します。
主催者の負担が少なく軽くなりませんでしょうか。


 ランタン・フェスティバルの雰囲気を味わえた
               Dさん

晴天に恵まれた旅に参加できありがとうございました。
お世話下さった役員の方々、案内して下さいました長崎支部の方々、
ありがとうございました。ランタン・フェスティバルの会場に行けたこと、
雰囲気を味わえてとてもよかったです。
体調がすぐれず、全行程ご一緒できず残念でしたが長崎の良い思い出になります。


 ツアーでは行けないような所まで
               Cさん

大変お世話になりました。
ツアーでは行けないような所まで案内して頂いて感謝します。
中国の展示物もゆっくり見学できてよかったです。疲れたけど楽しかったです。


 歴史・文物の奥深さを実感
               Eさん

地元の方の案内でより詳しく分かりました。
教科書などで見なれたものについても、近くで実物を見ることにより、
その出来事の裏といいますか、奥深いことを感じることができました。
出島にしても今日に至るまでに、いろいろのことがあったことが伺えました。
ありがとうございました。


 自分の足で歩いて知った長崎
               英美さん

長崎の歴史が今までは教科書通りでしたが、ガイド役の方の掘り下げと組み立てで、
とてもわかり易く生き生きとつながり、3Dの映像並みになりました。
世界中のどこへ行っても華僑は富と権力の象徴で他の民族のやっかみの的になったり
していますが、唐人屋敷の深い堀に囲まれた生活や媽祖様にしのばれる航海の多難さ
を思えば、権益のために闘いつづける姿が浮かんできます。
歩いてみて、はじめて原爆の被害の甚大さと特有の地形もわかり、
様々のものが本物の知として歩み寄って来る思いがしました。
お世話係様、大勢をまとめるご苦労ありがとうございました。


 皆様のご協力に感謝いっぱい
                岩佐 英樹

よい天気に恵まれた2日間、とてもラッキーでした。
素人の「引率」で行き届かない面も多々あったと思いますが18人のみなさんの
ご協力で楽しく、愉快に終えることができました。心より感謝します。
そして、ほんとうに忙しい時間を割いて、付き添って案内して下さった
長崎支部の萩谷さん、さん。今回の旅が諸事万端うまくいったのは
お二人のお陰です。深く御礼申しあげます。
中華街の中国人の祭りが、今、長崎市上げてのフェスティバルとして発展している
ところがすばらしい。九州西端のこの街にこの時期60万人の観光客が訪れるといいます。
すごい吸引力です。それにしても、長崎の街はいつ行っても魅力溢れる街ですね。

長崎    商店街

 
スポンサーサイト
古賀伸生さんが逝去

1月11日、午前、日中友好協会、わが玄界灘支部の古賀伸生さんが亡くなられました。
享年80才でした。
一昨年春、倒れて以来、闘病生活を続けておられましたが、ついに帰らぬ人と
なりました。
囲碁が大好き、水滸伝をこよなく愛し、花見ではドイツ語で朗々と歌い、
漢詩は素読を得手としていた古賀さん、多趣味の教養人でした。
そのひとつひとつの楽しそうな姿が目に浮かびます。

日中友好協会の会員歴は県職時代以来と古く、4年前、宗像・糟屋地区での新たな
玄界灘支部結成に際し、福岡支部から移籍してくれました。
この間、玄界灘支部の最長老として、執行部(評議委員)を務めてくれ、
時々の大事な発言で存在感を示してくれました。
また、囲碁サークルや漢詩サークル発足に力を貸してくれました。
  
今少し、ご一緒したかったのですが、残念でなりません。
私たちは古賀さんの意志をしっかり受け継ぎ、日中不再戦、日中友好の旗を掲げて、
協会発展のために地道な努力を重ねたいと思います。安らかにお眠り下さい。

           古賀さんの故郷、津丸の公民館前の彼岸花



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。