日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2013/01123456789101112131415161718192021222324252627282013/03

宇津原講演  

気や血のめぐりが大事

<漢方から診る健康な生き方、過ごし方>

 1月23日(水)2時~3時30分、福津市の「ふくとぴあ」に、
国際中医師、薬膳師の宇津原智世美先生(福津市在住)をお招きして、
「中医学から診る食と健康」について講演を聞きました。
先生の気取らない人柄、打ち解けた話ぶりに、会場はうなずいたり、
笑ったり、驚いたりであっという間に時間が過ぎてしまいました。
質疑応答では延べ11名の質問があり、支部の講演会でこんなに次々と
質問が出たのは初めてです。健康に対する関心の高さがうかがえます。
講演の中身について詳しい紹介は割愛しますが、レジメの一部を転載
すると下記のようなものです。

●中医学的に診る、さまざまな病気と老化

病名のないのが中医の考え方です。
すべてがバランスの崩れだと考えます。
体の中にある気、血、津液の量や動きのことです。
たとえば、生活習慣病といわれるものは、体の中に排出できない水や熱が
溜まっていると考え、食べ物や漢方薬やツボの刺激で外に出すことで改善します。
老化は気、血、津液などが作られにくくなって不足した状態だと考え、
補うためにまず胃腸に負担の無いようなお粥やスープの形で補います。


主催者の玄界灘支部としては、昼間の講演は初の取り組みで、やや戸惑った面も
ありましたが、会員や諸団体のご協力もあって26人もの方がご参加下さり、
大変喜んでいます。
講師の宇津原先生はじめご協力下さった皆様に心より感謝致します。

(ブログ担当より)
  私は参加できませんでしたが、参加した夫がおかゆに挑戦) 
 
ハラハラドキドキ、2013年
   春節「肉まん作り」を楽しむ


2月16日(土)、今年の「中国料理を楽しむ会」は春節に合わせて、
「肉まんを作って食べよう」でした。
講師の邱瑞さんも、来る予定にしていた彼のご両親もなかなか現れないので、
支部の松尾さんなど責任者・スタッフ一同はハラハラ、ドキドキ。
参加者に「ごめんなさい」とおわびの繰り返し。
1時間近く過ぎて、邱瑞さんが「申し訳ない」と言って到着、間もなく更に
ご両親と奥様の3名が合流してくれました。

しかし、その後の邱瑞さんとご両親の実地指導はたいしたものでした。
具をつくる材料の配合、皮の練り方はさすが現場中国の方だと感心させられました。
特にご両親の手さばきが違う。参加者は皮を作り、切って広げ、具を入れて
肉まんを作りました。ギョーザを作るのに似ていますが、それよりもうちょっと
作りやすい感じでした。最後に各テーブルの自分たちで作った肉まんを蒸して
一斉に食べました。
「ひと味違う。これが中国の家庭料理の味か」とみんなで舌鼓を打ちました。
参加者28名。中国人青年・周峰君と成守さん(日本人)、小学生少年少女も
3人などフレッシュなメンバーも。初参加の方けっこう多かったです。
会場では「来年も、また来たい」との初参加者の声も聞こえました。

邱瑞さんのご両親は日本訪問中で、「日本の方々と交流でき、こんな機会を
下さって感激です」とのお礼のメッセージをくれました。
参加者のみなさん、会員のみなさん、お疲れ様でした。

お父さんの、みごとな指運び?    最初は粉を練ります。そして寝かせます。

 
環境に優しい
    庭木の手入れ


冬から春にかけての病害虫の駆除

★化学農薬のみに頼る庭木の手入れから抜け出して、人やペット、野鳥などが安心して住める庭とエコタウンを目指しましょう。
 
★天敵や自然農薬を生かした総合防除の手入れへ転換する時代です。

講 師~岡野昌明氏
         (
元県庁林産関係職員)
樹木医(福岡県第1号)、元樹木医会全国理事兼福岡県支部長
元福岡市植物園緑の相談員、日中友好協会福岡県連副会長
著書 「福岡県の樹木」ほか

●日時~3月13日(水)午後2時~4時
●会場~ふくとぴあ(福津市手光・☎0940ー34ー3351)
●参加費~500円
                    主催~日中友好協会玄界灘支部
明日の東アジア共同体を考える歴史講座 最終回

●演題
 「中国の『軍拡』」を読み解く」
●講師 王 鵬さん
               <11月に続き登場>
プロフィール

中国大連市出身
比較社会文化博士     九州大学経済学部博士課程研究員
国際関係・国際経済学者   福岡日中文化センター講師
<尖閣諸島国有化以来、一段と日中の対立が激化。最近は艦船を繰り出してのにらみあいから、中国国家海洋局の警備艇やプロペラ機による「領海侵犯」「領空侵犯」など一触即発の危機を孕んだ状況が常態化しています。中国のねらいや日米軍事同盟の今後をさぐります>

●日時   3月12日(火)午後7時
●会場   ふくとぴあ
●参加費  500円    
●主催・日中友好協会玄界灘支部