FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

2010年8月15日号1面 協会創立60周年記念事業、期待集まる
記念講演とシンポジウム、10月に開催

 1950年10月1日の日本中国友好協会の創立から60年。協会は、この歴史に誇りと確信をもち、運動の未来を展望する記念事業に取り組んでいます。とくに、北海道で幕を開け大きな反響を呼んでいる漫画展はじめ、10月の記念講演とシンポジウムの開催、60年の歩みを振り返るブックレットの刊行に期待が寄せられています。

講師は伊藤敬一氏
  
     伊藤名誉会長

協会創立60周年の「記念講演とシンポジウム」は、10月9日(土)の午後、東京ガーデンパレスで開催、当日夜には内外の関係者を交えたレセプションを同会場で開催します。
 全国の皆さんにもできるだけ参加いただけるよう全国理事会を翌10日から11日に設定しました。
 記念講演は、伊藤敬一名誉会長に、この間の友好関係の変遷と協会が果たしてきた役割を中心に、2万人の会員を視野に「日中関係と日中友好運動の60年と未来」と題して話していただきます。

各分野の第一人者が登場

    シンポでは総合司会を担当。写真は6月の撫順戦犯管理所開所記念座談会。

 シンポジウム「日中関係の未来を展望する」の総合司会は、協会顧問の姫田光義中央大学名誉教授、中国語委員会委員長でもある加藤三由紀さん(和光大学)で、二部構成とします。
 第一部は、過去の日本の加害の歴史と日中歴史認識に焦点を当て、「歴史の自省から新たな日中関係を模索する」のテーマで石島紀之(フェリス女学院大学名誉教授)、山田朗(明治大学)、劉傑(早稲田大学)の各氏が専門の立場から報告します。
 コーディネーターは協会広島県連理事長の水羽信男さん(広島大学)にお願いします。
 第二部は現在から将来に目を転じ、「現状を分析し未来を展望する」と題して、大西広(協会常任理事、京都大学教授)、羽場久美子(青山学院大学教授)、毛里和子(早稲田大学名誉教授)の各氏にそれぞれ中国経済の現状、東アジア共同体、日中関係の未来などを語っていただきます。
 こちらのコーディネーターは京都府連合会会長の宇野木洋さん(立命館大学)です。
 協会内だけでなく、ぜひ幅広い各界の方々にも参加していただき、協会の活動内容も理解してもらう機会にしたいと考えています。

シンポジウムの開催に当たって
     日中関係の明るい未来のために 姫田光

 世界的な異常気候に見られるように、今人類は未曾有の自然変異のなかで未来への生存と希望をかけて叡智をしぼらなければならない時代に至っています。人びとが仲良く共存共生する意識と思想が今ほど必要とされている時はないようにさえ感じられます。
 それを図るため第一に大切なことは、近隣の人びと、とりわけ中国や韓国・朝鮮と手をつなぎ理解し合うことでしょう。日中友好運動はまさにそのためにこそ大切なのだと思います。
 シンポジウムは、反戦平和と日中友好のためにたたかってきた友好協会の60年の歩みを踏まえながら、これからの日中関係の望ましいありようを模索するということを主題に、それを多角的多面的に検討しようとするものです。
 第一部は、日本の侵略戦争という歴史事実の反省・自省の上に未来を考える、第二部は現実の厳しい国際情勢を認識しつつ未来への展望を切り開こうというものです。
 日中友好の志を同じくする人びとならば、思想信条や政党政派の垣根を超えたところで話し合うことができると信じます。シンポジウムにパネリストとしてご参加くださるのは、今日学界の第一線で、かつ日本のオピニオンリーダーとして活躍されている方々です。
 できるだけたくさんの人びとが参加し、そこから志を同じくする方々が結集してくださることを期待しています。


ブックレット「60年のあゆみ」発行へ

ブックレット「日本中国友好協会創立60周年記念『日中友好運動のあゆみ』」は協会の60年の歴史を振り返り、これからの展望も見すえることのできるものにするよう編集が急がれています。
 協会が創立されて60年、日本も中国も、世界も大きく変わってきました。協会は創立当初、アメリカ占領軍の妨害のなかで活動を展開、中国との関係が断たれたなかで、友好運動のあり方を確立し、平和・不再戦運動を柱とする活動をすすめ、太極拳や中国語をはじめとした文化活動も大きく発展させてきました。
 日中国交回復が実現(1972年)、協会と中国との関係が正常化した21世紀は、それまでの運動の蓄積を基礎に大きく花開いています。
 ブックレットでは、この協会のあゆみを、運動への確信を新たなものにしていけるようなものにしたいと編集会議を重ね、分かりやすく簡潔にまとめています。
 60周年記念事業実行委員長の田中義教理事長は、「このブックレットを全国で普及し、会員はもちろん、新しい会員やこれから会員になろうかという人もふくめ、1人でも多くの人に読んでもらえるようにしたい。そして、連合会や支部で学習会なども計画して、協会の歴史と運動を理解し、これからの運動の発展に役立ててほ
しいと思います」と語っています。
 ブックレットは、A5版、120ページ前後で定価は800円、10月1日発売を予定しています。


漫画展、17ヶ所が決定
    全都道府県での開催めざす


福岡では、協会組織のない北九州市の八幡区と岡垣町で「漫画展を通じて支部をつくる」との意気込みで準備
 60周年記念事業の目玉の一つである、漫画展「中国からの引き揚げ~少年たちの記憶」は、これまでに北海道・宮城・福島・山形・東京・神奈川・山梨・愛知・福井・岐阜・山口・福岡・宮崎・沖縄の14都道県で17ヵ所の開催が決定または予約され、さらに埼玉・群馬などでも検討されています。
 「漫画展」は、著名な漫画家の作品を通して、日本が行なった「中国侵略戦争」の事実を伝えようとするものです。
 出品者の1人で「あしたのジョー」などで有名なちばてつやさんは「私のすべての漫画の原点は、中国引き揚げ体験。可能なことは協力する」と力強いメッセージを寄せ、同じく出品者で漫画家協会事務局長の森田拳次さんも「講演でもなんでも引き受けます」と語るなどの熱の入れようです。
 石子順(漫画評論家)実行委員長は「漫画展は、中国南京でも大変な反響を呼びました。すでに計画している各地でも、前評判はいいようです。開催すれば必ず成功します」と断言、全国すべての都道府県での開催を呼びかけています。


<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介
     <2010年8月15日号>
 68号『ニーハオ玄海』

  *第2回役員会でも主な決定事項
*2010年、原水爆禁止世界大会 「中国代表歓迎・交流会」に参加して
「平和記念式典に小1の孫と一緒に参加した」(H.I)。
*在日外国人高齢者(障害者)福祉手当の申請について(福津市高齢者サービス課)。
*「不再戦平和週間(7月7日~9月18日)によせて」④『特攻がよんだ反戦川柳』
「特攻のまずい辞世を記者はほめ」「真夜中に遺書を書いている友の脊」。
*中国人強制連行者数 上位12社」(華人労務者就労事情調査報告より)。
*毎日新聞より転載「中国人集客に重点 直行便開設や通訳充実訴え」『九州観光推進機構石原新会長を承認』

415号『県連版』

*日中友好協会創立60周年記念 
*北京全総芸術団公演 「劉福君と中国全国総工会女工団の仲間たち」『実行委員会スタート・委員長に武田正勝県連会長』11月18日 福岡市少年科学文化会館 
*日中友好協会創立60周年記念・「日中平和の旅」
2010年9月18日(土)~24日(金)
9.18記念館(瀋陽)・平頂山殉難同胞記念館・撫順戦犯管理所・
偽満皇宮博物館(長春)・731部隊遺跡(ハルビン)
*中国語講座援助お礼と「地震募金」のため中国総領事館を訪問。
*行事・会議のお知らせ。

2200号『全国版』  <一つの節目の号>

*『協会創立60周年記念事業、期待集まる』
*「記念講演とシンポジウム、10月に開催」講師は伊藤敬一氏・各分野の第一人者が登場。
*「シンポジウムの開催に当たって=日中関係の明るい未来のために」(姫田光義)
*私と中国「華中師範大学副教授 石橋一紀さん」残留孤児の自伝『雨桜』の翻訳に意欲燃やす。
*ブックレット『60年のあゆみ』発行へ。
*『漫画展』17ヶ所が決定 全国都道府県での開催めざす。
*随想『45年前に中国との交流があった』(大矢洋子)
*『3.3.3取り組み』を決議 東京都連大会 137人が集う。
*南船北馬 「村山知義さんの8月15日の話など」(橋)。
*「在日中国人の生活と実情を理解しよう」東京都連が懇話会。
*中国レーダー『高潮期に入った日中企業の相互進出』「日本企業買収が倍増・増大する中国市場の魅力」(井手啓二)。
*中国の高速鉄道③『高速列車で史跡巡りを楽しもう』「歴史観光ブームの招来・”のぞみ“と同じ乗り心地」(姜波)。
*中国この日『1973年8月24日』毛と周の確執は激化していく。
*山西省への旅(中)『悠久の歴史を実感』ガイドの弁「深センは10年、上海は100年、北京は1000年、山西省は10000年の歴史を持つ」(山本彩子)。
*会場沸かせた中国代表16人『東京で日本語スピーチコンテスト』
*協会創立60周年思い出の人々『文革の嵐の中で「中国研究」の自由を守った人々(下)⑦』「森林浴の名付け親 神山恵三さん.「研究所員除名」に疑問 福島裕さん・本誌の『季刊中国』に長期連載 冨山栄吉さん」(編集部)。
*戦争展始まる「衝撃与えた七三一部隊の展示」(大分「戦争展」)。
*東西南北『活発な支部活動』「中国領事らが参列(豊田支部の日中お茶交流会)・折鶴33万羽を飾る(岡山平和「七夕まつり」)・盧溝橋事件のチラシを教材に(岡山市長岡日本語教室で)・悲惨な戦争繰り返さないで(高知の集いで残留邦人が訴え)」。
*『盛大に総会・大会』「中国人との交流」などで意見(福島支部総会)・仲間づくり報告に大きな拍手(兵庫県連第56回大会)。
*「第59回大会・全体会議の発言から『要旨③』「マスコミ報道への警戒と2万人会員実現の必要性」(本部常任理事 大西広)。「核兵器廃絶へ市民ぐるみの取り組み」(都城支部 岩切正一)。
*『雨桜』著者(長安以知子さん)と翻訳者(石橋一紀さん)が初対面。
*大分支部の福建訪問『草の根交流会開く』(森川登美江)。
*「仲間づくり」推進コーナー「創立60周年記念日めざし」『第2回常任理事会』。
*「中国からの引き揚げ漫画展」漫画家と作品③ 上田トシコ『ブローカー市で着物は売れた』。
*きりえ展のお知らせ「大阪・愛知・京都」。
*きりえで描く中国⑤『北京藩家園=星期天市場』「店舗数は2000軒以上」(藤井雅子)。
*投稿詩『風』「シャンバラー桃源郷」(日高のぼる)。
*日中漢字比べ『暑仮と夏休み』(トウ岩)。
*中国で話題の文学作品『ひとり日和』が中国では「一日でも、日日これお天気」(林杏安)。
*漢語の散歩道『三只手』(林香奈)。
*中国映画の明星(スター)物語「ジャッキー・チェン③」『ベストキッド』で好演「ハリウッド映画に中国に根づく映画づくりの芽が出た」(石子順)。

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『全国版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)


石津宏介のHP(ホームページ)は、「石津宏介」で検索するか、
http://www.geocities.jp/fkpwr261/index.htm で見られるはずです。
駄目な時は「goo」の「blog=ブログ」で「あるがままに前進」か「arugamama3」
で検索すると、HPとほぼ同じ内容を見ることができます。
-----------------------------------------------


まだインターネットが使えない、と中国の新しい職場から。
人のを借りて送信、ということで届きました、という返信も
ためらわれます。
早く、こうすけさんのパソコンも、ネットが使えるように
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/106-a8e9e970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック