FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

久しぶりで「報告」を送ります。
こうすけさんからのメールに、「文字化けするのか分かりません。
文字化けしていたらご連絡を。」とありましたが、
 中国語の分は文字化けしていましたので削除しました。ひとみ


18日メールあり。文字化けしたことを連絡していましたので
同じ原稿が添付資料として送られてきました。付記します。


三題ばなし(再び中国から)その26 100916

        来自中国的三个话题 (翻译 刘秀凤)

<我が部屋紹介>  

上海駅から地下鉄3号線で北に4つ目、赤峰路駅で下りて西に歩くこと5分、上海外大専家楼がある。建物は築30年以上だが内部は改装され、真四角5坪弱は広々した感じだ。ベッド、ソファ、机、大型食事台、雨の日用の洗濯干し棒等を備えた部屋が中心になる。
廊下を隔てた台所と、風呂と洗濯機置場兼トイレの部屋を加えた三つが私の日常過す全て。それらの奥に物置部屋があるのだが、もう一部屋、ベッド二つと机が並ぶ「客間」がある。誰かが訪問した時にのみ使用する部屋だ。
 ハルビンの部屋も大きく色々な人が泊った。だがここ外大の部屋は私には理想的だ。福岡空港から1時間半で上海浦東飛行場着。そこから1時間半で我が部屋に着く。この距離感も申し分ない。息子家族が客の1号だった。今後も沢山の人に活用して欲しいと思う。

<介绍我家> 

从上海火车站往地铁3号线的第四个车站,赤峰站下车往西走5分钟,就到上海外大专家楼。建筑物已有30多年头了内部重新改装过,正四方形感觉还不到5平方米。床、沙发、桌子、大型餐桌、雨天用晒衣棒等集中的房间为中心,

隔着走廊的厨房加上浴室洗衣机及厕所共用房共三个房间是我日常生活的空间,在里面还有储物房,还有一间放置两张床和桌子的“客用房”,只有客人来访时才用。哈尔滨的房子也很大很多人来住过,但,这外大的房间是我理想中的。从福冈机场花1个半小时到上海浦东机场,再花1个半小时就到我家了。这种距离感实在抱歉,儿子一家人是这房子的头号客人,今后希望有更多的人享用。


<教え子らと>

色んな人に励まされてきた。今もだが、子ども世代から孫世代の感じになる人が増えた。

泰州に就職する人が赴任前に上海の我部屋を訪ね、万博見学など三日間生活を共にした。5年前の漳州時代の教え子とも上海で再会。関りが深まった。日本で母屋の仏壇に供えて貰っていた菓子を中国で食べるのが供えた人の意思にも適うと考え、彼らと一緒に食べた。 孫の成長を喜ぶ感じで彼らの振る舞いを眩しく見るのだが、何より元気を貰えるのがいい。

そして待望の上海での仕事は、往復2時間半の直行バスに揺られるが,一週間僅か5コマ。3年生全6クラスを当番で回る”精読”と4年生2クラスの”作文”を担当。疲れてか眠った学生もいた。私は起こす。真面目な学生達の雰囲気が歳以上に旺盛な気分にさせる。私の作品の翻訳などにも興味を持って貰えそうで、楽しみが増して来る。

<和我的学生们> 

一直受到各种人的激励,现在也是。从孩子一样年纪到孙子一样年龄层的人逐渐加。
去泰州工作的人上任之前到上海我家来访,参观世博会等共同生活了三天。5年前在漳州的学生也在上海相见,关系更进一层,在日本老家的佛坛上供品带来中国,和他们一起吃我想用来表达共同相聚在一起最恰当了。看到他们光彩的款待感觉到孙子成长的喜悦,给我无限的活力比什么都好。


还有期待已久的上海工作,虽然要在往返2个半小时的直通巴士上摇晃,但一周仅有5节课,给大三年级6个班轮流上“精读”课和大四两个班的“作文”课,疲困在课堂上睡觉的学生也有,我叫醒他们,学生们认真学习的氛围让我精神好几岁。要给我翻译作品的学生也有,让我更加期待。


<ブログ開設等から一年>

インタネット接続まで、何日かかるのか今もって全く分からないと言う。この上海でそんな馬鹿な話はなかろう。と言っても事実だから諦めるしかない。誘われて学院長室などでメールを読んだりはしている。が時間は限られる。返事も出せず失礼しているし、定期的投稿も出来ないまま過ぎている。大都会らしからぬ一面を味わう門出でもある。

それでもこの場で嬉しいことを確かめている。泰州では「石津のHP」や「ニーハオ玄海」を何故か規制され、急遽二つを合体させたブログ「日中友好協会一会員のつぶやき」を開設していた。あれから一年。他のブログと比すべくもないが1万人が覗き、以前の頁にも8千回クリックする人たちがいた。怪我の功名と言うべきである
。さて、新たな始まりだが、この種のインタネット関連で今後、どのような変化が待ち受けているのだろう。

<开设博客等一年>

 还有花多少时间才能上网,据说到现在完全不知道,在这上海还有这等愚蠢之事,虽这么说既然是事实也只好失望了。被邀请到学院校长室等地方查看邮件,但时间是有限的,来不及回信非常的失礼,也没有定期投稿就这样过去了,新生活上体会到不像大都市的一面。
虽这样但在这也确实有开心的事,在泰州“石津主页”和“你好玄海”不知为何受限制打不开,情急之中把合二为一创建了“中日友好协会—会员的牢骚”,到现在已有一年了。虽比不上其他的博客但也有一万人浏览过,以前的网页也只有八千回的点击。只能说歪打正着了。且说,新的开始,类似这样的网络空间今后将有何变化呢,拭目以待。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/108-cc58e0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック