FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

101010中国報告

三題ばなし(再び中国から)その27  101001

来自中国的三个话题 (翻译 刘秀凤)

<国慶節>

今年は昨年の60周年記念の大騒ぎと異なり静かな国慶節のようだが、これまでの国慶節休暇の思い出も色々ある。香港と桂林、満州里、教え子の農村の家等である。

今年は中国製の新しいパソコンを買ったので、使いこなしがてら楽しむ予定。中国語でのメニューでも慣れれば難しくない。今後の課題はインタネット。新参の私に現段階では有線枠がないと言われ続けている。割高の無線インタネットでも一ヶ月程度ならいい。しかし、一年契約で今年の有線枠辞退の選択肢などあろうはずもな
かろう。
近くの地域の文化センターにも行く積り。中国の庶民に対する文化政策を見ることが出来よう。そこに老人クラブの二胡教室があれば御の字。魯迅公園の中の太極拳、舞踊、合唱、二胡等の見学もするはず。と列記すれば毎度ながらの時間不足も心配になってくる。


<国庆节>

和去年的60周年国庆不一样的是今年的国庆格外的安静。回想起到目前为止国庆节休假的各种各样回忆,香港、桂林、满洲里及学生的农家等等。

今年买了中国制的新电脑,就使用方法相当的期待。如果习惯中文的菜单就不难了,今后的课题是网络。新来的我现阶段还没有有线网络的指标,价格贵的无线网络也要一个月左右才能办理上。但,因
只有一年的合同,不可能有有线网络指标辞退的选择项吧。


也打算去附近社区的文化中心,可以看中国的平民百姓对文化政策的看法,那里有老人俱乐部的二胡练习班的话就好极了,也一定要去观看鲁迅公园内的太极拳、舞蹈、合唱、二胡等。这样列举的话,担心每次都不够ą
02;间。


<外大の学生達と>

今接している個々の学生は、数年仕事してきたどこの大学生とも同じ様子だ。でもここは日本流に言う偏差値の高い大学らしい。難しいテキストを読み、作文の表現や内容も群を抜いている。日本の若者も簡単には書けない複雑な文章を書くのだから文法的間違いはその分生じる。一方数少ない例だが、教科書も持たず注意された
学生が、私の板書の隙にこっそり抜け出た。さすがにびっくり。日本語習得に絶望している学生もいる証だ。
各クラスで開催の「朗読コンクール」も面白かった。一番いい人を自分らで選ぶのだからこれもいい。この中から他校も交えた「スピーチコンテスト」に出場していく。
一方、上外大にも存在する三年制学院。私の授業はないが、日本語クラブへの参加要請に喜んで出かけた。春節休み前までの活動計画を全体責任者の学生と各担当者と共に作る。

<和外大的学生们>

现在接触的学生,和在哪里工作过好几年学生都一样,但用日本的习惯来而言据说这里是偏差值很高的大学,阅读很难得教科书,作文的表现和内容也相当出众。因为写了日本的年轻人也轻易写不出来的文章所以才
出现语法的错误。相反也有少数的例子,没有带教科书被我提醒的学生,在我写板书的时候悄悄地拿出来,相当惊讶。也证明了也有对学习日语绝望的学生。

各个班级举办的“朗读比赛”也很有意思,他们自己选择作为班级的最好人选这样也很好。他们也参加掺杂着其他学校的“演讲比赛”。还有,上海外国语大学也存在三年制的大专学院,虽
;然我没有给他们上过课,被邀请参加日语俱乐部,我很乐意去了。春节休假前的活动计划由全体负责的学生及各个担当共同负责。


<応募>

 自分の67年の人生で『コンクール』に応募したことがあるか思い出そうとした。学生時代の”詩”、50代での大手新聞への”声”投稿の「コンクールもどき」程度で他に思い出せない。試みかけた松本清張記念館募集には出せてない。それが今度、小作品だが応募した。

中国語作文1200字『メイドインチャイナと日本人の生活』である。私は「下駄」について書いた。下駄を卑下し、日本文化の良さや歴史を貶める政治、マスコミ、学校教育のありようと、それらに追従した自覚もないまま下駄を履けなくなった我が日本人たちへの怒りや悲しみを心に秘め、投稿した。共感して呉れる人が一人でも
増えることを期待してだ。
中国の有力な学生たちは色々なコンクールに挑む。これら好奇心、積極性、負けん気等の発揮も恵まれた条件を活かし得てのこと。今の姿勢が老いても続く姿を想像していたい。

<报名参赛>

在自己67年的人生中是否有报名参加“竞赛”想了好久,学生时代的“诗”,50岁在有名的报纸上“声”投稿的“竞赛季节”之外就再也想不起来了。本想尝试的松本清张纪念馆的募集也没有提交,这次,虽是小作
品但报名了,是用中文写的作文1200字《中国制造和日本人的生活》,我写关于“木屐”,木屐很低微,怀着对贬低日本文化的优秀和历史的政治,大众传媒,学校教育极其追随者没有自觉性逐渐就不穿木屐的我们日本人们的愤怒和悲痛
,投稿了。期待即便一个或更多的人引起同感,


中国的有希望的学生们挑战各种竞赛,受这些富有好奇心,积极性,不认输的发挥的启发而来的。想象着上了年纪也持续和现在一样的姿势。
原稿に添えられていたこうすけさんの文章です。
公開してもいいかな? ま、いいか。

昨日は教え子と万博に行き、初めて日本館前で並びました。5時間。
その間教え子は試験勉強、私は『マルクスは生きている』を読みました。(昨日だけで完読。待ち時間の凄さを想像して下さい。ついでに言えば、中国館に比べたらチャチ。しかも「朱鷺」についての舞踊劇をする人は中国人。これが「売り」なのかも知れませんが)
不破哲三は何度読んでも面白い。毎回丁寧に読みます。目次を見て内容を大体全て思い出せたら終りになるか知れませんが、長い待ち時間になることがはっきりしている時などは格好の読み物。待つのが気にならない。
さて、以下の文の投稿をお願いします。そのままコピーすると日本語の後に中国語が続く形式は同じだと思います。日中併記に出来ればいいのだけど。日本語と中国語の継ぎ目だけは1行空けて下さい。

という文章なのですが、パソコンが悪いのか、こうすけさんのパソコンが
最新式なのか、中国語が読めないでも、これは違う、と。
試しに数行コピーして貼り付けたと。そしたら・・・・

一大発見

コピーした原稿、下書きの時は、数字がいっぱい。
公開される部分を見ると、しっかり漢字に。
絵文字といっしょで、無い漢字は「記号と数字」で表されるのか、と。
前の、日本語だけの文章に、中国語をプラスしなくちゃいけないけれど
こうすけさんの原稿残っているかなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/112-c67fd545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック