FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

  101116中国情報

三題ばなし(再び中国から)その30  101116 来自中国的三个话题

<恩人との出会い>

大学時代からの三人の恩人の一人、重盛さんと遂に上海で会うことが出来た。上海で仕事する目的の一つが達成された訳だ。重盛さんの会社は上海にもある。中国の家庭用ガス漏れ等探知機の販売を目標にしている会社だ。私は記念の意味も込めて購入し取り付けた。
上海での「名刺」は作成が遅れ渡せなかった。が、上海での仕事ぶりの一端を伝えることは出来た。昔から自分の頑張りを見てもらい、その都度評価も戴く。それで励まされ、また会うことの出来る日まで一層頑張れる。そんな頑張りの形でしか私は恩返し出来ない。
人生での恩人は少なくない。だが今も甘えられる人は多くない。ハルビンや蘇州にまで会いに来てくれた向山さんもこの重盛さんも掛け替えない人だ。今四年生は学生生活を総括し残り一年と十年後をも展望する。彼らがいい人と巡り会うことを私はそこでも願う。

<与恩人相遇>(翻译 徐旎 )

重盛先生是大学时代时我的三位恩人之一。在上海这次终于与他相见了。这样我来上海工作的目的之一也算达到了。重盛先生在上海也有公司。他的公司做的是贩卖中国家用煤气泄漏探测器之类的生意。带着纪念的心情,我也安装了一个。
在上海定做名片晚了点,没能给他。但是和他聊了聊在上海的一些工作情况。一直以来我都会和重盛先生谈谈我的努力情况,并听取他的评价。然后得到重盛先生的鼓励,这样在下次见面前就能更加努力。我只能以这种努力的方式报答他。

人生中的恩人不少。但能依赖到现在的人不多。特地到哈尔滨、苏州来见我的向山先生,和这次的重盛先生对我来说都是无可替代的人。现在的四年级学生在总结着他们过去的学生生活,并展望着一年甚至十年后的生活。我也希望他
0204;能在将来有美好的相遇。




<季節の味 新米>

私は三度三度食事を作る。ありきたり食材だが昆布、鶏、鰹などで味を変化させる。時々櫻田さん等から貰うおかずで味の変化も愉しむ。日本から重盛さんが新米を運んで来てくれた。私はその美味しさに感激。手近な中国人日本人に僅かずつだがおすそ分けした。私の喜びのお相伴を願ってだ。
私は中国で日本米を購入しない。新米など望むべくもなかった。兎に角匂いがいい。「日本」を体全体で噛み締める。おかずなしでも食べることが出来る。

生き物は食べ頃があると言う。でも私の食生活に季節感は余りない。特別の食材を求めた調理や食事を愉しんでいないのだ。お粗末に感じる人もいようが、私には時たまのお土産がご馳走になる。餅は別として、新米以上の贈物などなさそう。でもそれは私の好み。新米を喜ぶ人もいれば、さして喜ばない人もいる。そんな諸々の
「常識」を今回も学んだ。

<季节美味 新米>(翻译 刘秀凤)

我每天做三顿饭,虽是常见的食物材料,用海带、鸡和鲣鱼等调味。有时樱田他们给我拿来菜能品尝到不同的味道。重盛从日本给我搬来了新米,那美味让我很感动,虽少量给身边的中国人日本
人分送,寄托着我的喜悦相随。
我在中国不买日本米,更没期望新米。特别是香味,可以咀嚼品味到整个”日本”,不用菜都可以吃下饭。
都说生物有好吃的季节,但我对美食基本上没有季节感,我不追求特别的食物也不热衷于做菜,是个粗糙简单的人,对我而言,有时偶尔的土特产也能成为佳肴。糯米糕暂且别论,比新米更好的礼物我#
273;得不存在了,但这是我的喜好。有享受新米的人,也有不喜欢的,这次也学到了诸如此类的“常识”。


<スピーチコンテスト>

スピーチコンテストばやりでないかと思うくらい、この一ヶ月に3回も経験した。はじめ新鮮だった上海のスピーチコンテストだったが、数を重ねると要求したくなることも出て来た。歴代上位入賞者を真似た仕草のわざとらしい醜さも見た。ある会場で述べられた審査基準に納得した。選手となった学生等の語る内容の理解の浅さ
や問題を3点にまとめ指摘した。「1,質問を聞き取る力 2,判断力 3、表現力」は、人格を問うたことでもあろう。

私は中国で仕事する中、学生と計らい二つの大学でスピーチコンテストを実施した。彼等と比べるのは適当でなかろうが、弁士の本気の思想、感情を脇に置いた感の手練手管には馴染めない。肝腎なのは、訴える中身と論理と必死さだ。アクセントがいいに越したことはない。それも中身あってこそ光る。「日本旅行」の賞品も貰
うべき人に届いて欲しい。


演讲比赛 (翻译 许旻)

我在想最近演讲比赛是不是很盛行,竟在一个月的时间里自己连续经历了三次。一开始的上海大学生日语演讲比赛很新鲜,但如今演讲大赛的评分要求越来越高。其中也看到了模仿历届夺得头
;筹的选手那令人生厌的矫揉造作。领会了在某个会场里叙述的评判标准。作为参赛选手的学生对其所表达内容的理解的不足和问题总结为一下三点:1:听懂问题的能力2判断能力3表达能
力 而这三点也是对人性的一种提问吧。


在我从中国工作的这段时间里,和学生一起商量在两所大学里举办过演讲比赛。虽说同他们作比不是很恰当,但是真的很难习惯演讲者在演讲中没有放入自己本真的思想、感情而去依靠编造的技巧。真正重要的是,
牢牢抓住传达的内容和理论。当然音调也好是最好不过的了,但那也是基于演讲内容之上才可以闪光的。希望能把作为奖品的“日本旅行”颁发给真正值得接受的人。



石津宏介のHP(ホームページ)は、「石津宏介」で検索するか、
http://www.geocities.jp/fkpwr261/index.htm で見られるはずです。
駄目な時はj「あるがままに前進」か「arugamama3」で検索するか、
http://blog.goo.ne.jp/fkpwr261_521/ (261の後は[ _ ]半角の下バー)
で、HPとほぼ同じ内容を見ることができます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/116-0aa79c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック