FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

三題ばなし(再び中国から)その31  101201

来自中国的三个话题

<我が部屋でのインタネット>

上海が嫌になり上外大も辞めたいと言っていた「インタネット不可」状態からのやっとの脱却。ホームページやブログの更新等、ネットの活用や生活リズムの変更をも余儀なくされていた不幸な三ヶ月。そのため元に戻すのが容易でない部分も出て来ている。でも心配はすまい。「メールもすぐ読め、返事も出せる」旨、心配して頂いた人たちに知らせ得る。
工事を配線したのはこの建物の他の部屋にサービスを提供している中国電信ではないとか。最初、太い線が部屋の中でのたうっていたが、善処方を要請した後はプロが来て壁に穴を開け少しスマートに配線し直してくれた。ドアも閉まるし不都合な所は見出せない。
ネットの効果的活用の指導に来た学生の話だと、インタネットのスピードが遅いらしい。それでも私はスカイプもQQも含めてネットが可能になったことで、大満足なのである。

终于脱离了我之所以说讨厌呆在上海、不想在上外工作下去的原因---“无法上网”的境遇。过去三个月,我不得不改变主页和博客更新等上网行为和生活节奏,所以现在有的事情反而难以回到原来的样子,但是不去担心这类事情了,&#
29616;在终于能够向为我操心的人说“现在能马上看到邮件并回复”了。


据说给安装宽带的是中国电信,这栋楼的其他房间的人也在用这家的网。刚开始,一大堆粗绳线乱七八糟地躺在屋子里,经过要求改装,才有位专业人员过来,在墙上凿了个洞,布线
;也稍微美观了一点。门也能关上,没什么不方便的地方。

我的一个学生来教我如何更有效地利用因特网时,说网速很慢。尽管如此,对我来说能够上网,包括能够打开SKYPE和QQ就已经很满足了。


    <先輩の死を悼む>

遠く離れた地からの悲報。葬儀に参加できず『別れの気持』を伝えた。末尾分を記す。

「高向さんが成し遂げられてきた実績に及びはしません。それでも色々な場面で期待されていたことを思い返し、その一端に向って努力していきたいです。日中友好の中心に若者が座ると言う希望は何としても実現させなければならないと考えます。とりわけ中国人就学生.留学生と日本人若者との交わりを進めるためにも、日中
友好協会もですが、成蹊学園などの学校とそこに従事する教員の果たす役割の大きさを再確認し、中国でも日本に戻ってからも頑張っていくことをお誓いし、私のお別れの言葉と致します。(合掌)。」
高向さんがそうだったように、私等老いたる者全てもやがて死ぬ。だからこそその日まで、ささやかな夢であれ、世のため人のために精一杯走りながら、いい汗かき続けていたい。


 <悼念前辈的离去> (翻译 李昊)
从遥远的地方传来了悲讯。我无法参加前辈的葬礼,只能通过这种方式传达我的哀思。以下登载的是文章末尾部分。

“前辈的成就是我无法与他相提并论的。现在回想起被前辈期待的各种场景,我想要以其中一部分为目标不断努力。我认为,无论如何都要实现一年轻人作为中日友好中心的目标。特别是为了进中国学生、
留学生与日本年轻人的交流,必须要明确这既是中日友好协会、又是成蹊学院等学校的老师们重要性,我发誓不论是在中国还是回到日本,我都以此为目标不断努力,并以此作为我的告别致词。(双手合十行礼)”


就像高向前辈那样,我们这些老者最终是要离去的。正因为如此,所以在那一天到来之前,不论是为了自己小小的理想,还是为了世人,我都要挥汗工作坚持走下去。


     <教員間の学習会>

上外大で教員同士の学習会を経験した。私が望んでいた教員集団のあり方である。
漳州では出来ていた。ハルビンでは何度か出来た。蘇州では全く出来なかった。そう言う考えのない大学に未来はないと思っていた。泰州は食事会が何度か持たれた。何も無い蘇州よりはいい。でも担当者も変り駄目さも目立った。
そしてここ上海での学習会である。
中国に来てはじめてだが、私より日本語文法などに詳しい何人もの中国人教員に出会っている。嬉しいことだ。それらも相互学習の気風があってこその向上なのだと思う。
文革を経験した世代は殆ど居なくなっていく。日本語学習の面でも苦労したこの先輩らに追いつき追い越そうとする気概に満ちた若い教員が求められているはずだ。大学院に進み更にこの母校の教員になりたいと願う学生を育てていくのも私等の大切な仕事であろう。

<教职员之间的学习会>(翻译 刘秀凤)

体验了上外大教职员同事的学习会,是我所希望的教职员团队。在漳州就没有,哈尔滨有体验过好几次,苏州则完全没有。也可以这么说没有思考的大学是没有未来的。在泰州有好几次聚餐,比起什么都没有
的苏州要好多了,但是担当者的怪异无能也引人注目。

然后就是在这上海的学习会了,来中国第一次遇见了好几个日语文法等比我还要熟悉详细的中国人教师,很开心!我想这就是有相互学习的风尚才能向上吧。


经历过文革的人几乎都不存在了,充满追并超越在日语学习方面下苦功夫的这些前辈们的气魄,应该是年轻教员所追求的。培养有意愿要上研究生并且留在母校当教师的学生也是我等重要的工作吧。


“我房间里的因特网”(翻译 吴月顺)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/122-76fd0ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック