FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

101205紙誌紹介

<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介

<2010年11月25日号>

77号『ニーハオ玄海』

 *『愛国心』の危うさ(川辺愛敏)。
*友好の島.東シナ海にするために③みんなで考えよう尖閣諸島問題
「中国の主張」「中国の主張に対する日本の反論」
*ごあんない「2010年忘年会」。
*ごあんない「2011年日中友好カレンダー」のご購入と周囲の方へのお勧めを!
*中国通信「日本人の習慣」(石津宏介)。


2209号『全国版』 

 *『福建陶磁器の名品が一堂に』東京の出光美術館で「茶道の道」展。「茶器、壷など130件を紹介・盛んだった茶器の交易・日本人の好みに合わせて・陶磁器は「平和の申し子」」。
*私と中国『太極拳、長拳 佐渡正城さん』「さまざまな中国人女性記者は日中友好の懸け橋」。
*「尖閣問題を真剣に討議」東京都連合会が学習会。
*随想「中国語の文法が面白い」(王志英)。
*南船北馬「外交上の平和的話し合いが大切なのに、尖閣の防空態勢を強化して「緊迫の事態」に備える軍事的対応はもってのほか。」(城)。
*『中国ミニ各省めぐり』甘粛省。
*『報道されなかった土砂災害』「雲南の奥地に物資を届ける」(田中四郎)。
*中国レーダー『中国の対外直接投資 世界5位へ』2009年度中国直接投資統計広報 紹介「日本抜くのは時間の問題・各国別データが詳細に・対日投資は漸増」(井手啓二)。
*「中国の民族 モンゴル民族」『かつて世界史上最大の大帝国を建国』(ギャラリー深川)。
*広州ところどころ⑥「市内の交通事情」『料金が跳ね上がる夜のタクシー』(金塚武文)。
*「長崎で中国中央テレビ」『孫文愛用の旅館を取材』(萩谷)。
*協会創立60周年思い出の人々⑯『現役で百歳を全うした』元本部顧問元香川県連合会琴平支部事務局長 篠原 匡文さん(末光甲正).『自主的日中友好運動の正しさ「理路整然』と』元高知県連副理事長 林田芳徳さん」(岩村 洋子)。
*中国大使館から参列「群馬県連中国人犠牲者墓参」(M)。
*仲間づくり推進コーナー『2万人の目標達成へ』「第1回理事会の決定から②」(今なぜ日中友好かの学習討議の重視・2万人組織の基礎となる支部づくり=20人の支部を500カ所に)。
*『歴史を学ぶ支部活動』「小学生も面白いと評判」(神奈川.県中央部“三国志講座”)・「アヘン大量生産を解明」。(東京新宿支部“日中戦争の盲点に迫る”).「惨劇の再現許さぬ決意」(さいたま支部日本軍の戦跡を訪ねる).「映画『戦ふ兵隊』を鑑賞」(9.18「満州事変」79周年富山支部)。
*『熱心に総会で話し合い』「尖閣諸島問題で討論」和歌山海難支部(民)。
*『中国食品が大好評』「赤旗まつりへ都連出店」。
*『胡勝才総領事が来賓あいさつ』「札幌で創立60周年記念祝賀会」「本部矢崎事務局長が講演」(小川勝美)。
*訃報『湯浅 誠さん』。
*「我が恩師 野沢豊先生を偲ぶ」(姫田光義)
*読者のひろば『60周年記念講演に思う』(東京荒川支部渡辺定子)
*中国的生活NOW!『国家大劇院とその周辺』(北京 松木研介)
*中国からの引き揚げ漫画展 漫画家と作品⑩横山孝雄「父の転勤で長江のほとりを転々とした」。 
*中国を読む『あなたの知らない ニー不知道的...(ni buzhidao de)』(及川淳子)。
*神戸で『中国映画祭』。
*図書紹介『高粱畑に埋めた記憶』(奥山末次郎著)・『現代中国医学から見たやさしい健康法』(篠原誠趙其恩著)・『資料と解説 日米同盟を読み解く』(安保破棄中央実行委員会編)・『やくそくのどんぐり』(大門高子著 松永禎郎絵)。
*漢語の散歩道『凝脂』(林香奈)。
*中国映画の明星(スター)物語「ジャッキー・チェン⑪」“新作『ラストソルジャー』(製作総指揮.主演=ジャッキー.チェン)”パンフレットでチェンは言う「戦争の被害をこうむるのは必ず罪のない人民たち。戦争をやる連中は逆に生活に困らない」と。(石子順)。

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『全国版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)


石津宏介のHP(ホームページ)は、「石津宏介」で検索するか、
http://www.geocities.jp/fkpwr261/index.htm で見られるはずです。
駄目な時はj「あるがままに前進」か「arugamama3」で検索するか、
http://blog.goo.ne.jp/fkpwr261_521/ (261の後は[ _ ]半角の下バー)
で、HPとほぼ同じ内容を見ることができます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/124-a25d7557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック