FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

三題ばなし(再び中国から)その33  110101
   来自中国的三个话题

<クリスマスイブに>

中国でも、繁華街にはジングルベルが鳴り響く。私にとってのクリスマスは、我が子が幼かった頃、親としてサンタの真似事をするのに心躍らせていたとの思い出としてある。

大学が外国人教員を招待した。キリスト教を信じる人たちのお相伴の形で日本人も招かれるのだ。大学所有ホテルの食堂のバイキング料理。腹一杯食べた。お陰で体重は49kg確保。部屋には暦と花が届いた。先輩の櫻田さんは、30年も続く外国人教員に対する大学の配慮だと言う。他にスーパーの商品券カードも貰った。記念にNHK
録画DVDを見るためのデッキを買いに行こう....。
と不意に思い出した。ハルビン師範大学での祝メーデー臨時収入450元での顔の悪性脂肪摘出手術。更には臨時収入でないが、漳州師大時の竹椅子、蘇州大時の入れ歯、泰州牧院時のピアスや眼鏡。今も珍重している各地の奇妙な思い出。


<圣诞前夜>(翻译 刘秀凤)
在中国繁华的街道也鸣奏圣诞曲铃儿响叮当。我的圣诞节,让我想起了在我孩子还很小的时候扮演圣诞老人印象非常深刻的事情。


大学邀请了外籍教师,邀请基督教徒的形式也邀请了日本人,在大学所属的宾馆里吃自助餐,吃得很饱。多亏这些体重确保49公斤,学校还送挂历和花到我房间来,前辈樱田先生说这是大学对外籍教师的待遇
持续了30年。此外还送了超市的商品卷。无意中想起了作为纪念我准备拿它去买能看NHK刻录的DVD机....


突然奇妙地想起了在哈尔滨师范大学庆祝五一的临时收入450元拿去摘除脸上的恶性脂肪手术,还有虽不算临时收入,在漳州师范大学时的竹椅,苏州大时的镶牙,泰州牧院时的耳环和眼镜
,至今还怀念各地美好的回忆。


     <研究会>

私は、「精読」と「作文」の担当者会で、それぞれ問題提起をさせて貰った。学生の主体的力量をつける一方策としてだが、「作文」の書き方を重視する。「構想」することの不得手な学生が余りにも多い。それで多くの授業時間を使う「精読」との関係を密にしての現状打開を提案する。精読教材の段落毎の「10字程度要約」や
「副題つけ」を学生に課したいと。
構想の必要性は卒論の時だけでない。日本語の箇条書きによる「構想」習熟は、より高度な日本語修得にも不可欠。更に作文を書いたら、段落毎に構想の箇条書きに似た「要約=中見出し」を記し、並べて自作文章の客観化を図る。この作業で諸々の向上につなげたいのだ。
授業方法は多様である。一律の合意は望まない。が、学内で『日本語研究会』を常態化しているこの大学での様々な意見交換に続く各人の努めに、私は大いなる期待をかける。


“研究会”(翻译 许旻)

我在负责精读和作文的教师讨论会上,提出了若干个问题。重视作文的写作方法是强学生主体力量的一种手段。因为不擅长构思的学生不在少数,所以我提议打破现有状况,提出将投入大量教学时间的精读&
#35838;与指导写作构思紧密联系起来地方法,让学生对精读课本上的每个段落做大约10字的总结或者是添加副标题。

构思的重要性不仅限于毕业论文的写作。熟练运用日语逐条罗列构思对于更高程度上的日语学习来说也是必不可少的。尤其是写作文时,记下类似于每段的构思条目的梗概,也就是内容标题,将
其列举开来设法让自己的文章更加客观。通过这项工作以便让各方面都得到提高。
希望各位的授课方法多种多样,不要一概相同。但是,我希望在这个大学内部经常举行的日语研究会,各位不断交换意见并作出努力。




     <元旦前後>

瞬く間と言うのは大袈裟だが、早くも迎える新しい年。憧れだった上海生活にも馴染んできた。何よりインタネットを自分の部屋で行っている。下駄履きの自転車姿も街中に溶け込めた。上海の四年制.三年制の学生それぞれとの結びつきも予測通り出来た感じだ。
中国では、元旦こそ祝日だが「春節」と違い「正月」は何もないに等しい。でも一人の中国人日本語教員は大晦日の夕食に私たちを招待した。細やかな配慮に私は感激する。

家に戻ってからNHKbs2で『紅白歌合戦』の後半部を見、年越し蕎麦も食べる。翌元旦のは、ささやかなおせち料理。我が父の故郷、福津市津丸の伝統雑煮は「蒸し雑煮」。だからそれが私にとっての雑煮だ。私は学生ら客人と共に手作り黒豆やきんとん等をも嗜む。そして子.孫.甥姪や知人らの日本の正月を想像しつつ、期末試験を準備し作文添削に励む。 




    <元旦前后> (翻译 陈舒蕾)

说新年眨眼将至这确实有些夸张,但新年的的确确不远了。对于憧憬已久的上海生活,我已开始适应——特别是从我的房间有了网路以来。穿着木屐骑着自行车,我的身影就这样融入进了街
道之中。如同当初预想的一样,我和上海的大学生、大专生都建立起了联系。
在中国,元旦虽说也是个节日,但与春节相比就算不上什么了。幸而,有一个教日语的中国老师邀请我们一同享用这一年中的最后一顿晚餐。我很感谢他想得如此周到。

晚餐过后回到家,收看了NHKbs2的“红白歌会”后半段的节目,接着吃了荞麦面。而第二天也就是元旦的时候,则会简单地吃些年节菜(日本新年时所做的菜肴)。其中年糕汤是年节菜的一种。)于我而言真正的年糕汤
1017;是来自父亲的故乡福津市津丸的传统年糕汤---蒸年糕汤。此外也会和来家里做客的客人们一起尝尝亲手做的豆(表皮为色的大豆,用糖和酱油等一起煮即成日本煮豆)、金团(在糖煮栗子、豆类中拌陷的一种日本
甜食)什么的。另外,也会想想在日本的孩子、孙子、甥侄和友人,便又投入期末考试的准备和批改作文之中了。


石津宏介のHP(ホームページ)は、「石津宏介」で検索するか、
http://www.geocities.jp/fkpwr261/index.htm で見られるはずです。
駄目な時はj「あるがままに前進」か「arugamama3」で検索するか、
http://blog.goo.ne.jp/fkpwr261_521/ (261の後は[ _ ]半角の下バー)
で、HPとほぼ同じ内容を見ることができます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/129-57226355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック