FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

『日中友好新聞 全国版』2011年1月5日号1面紹介

中国文化通じ平和・友好の増進へ
目が離せない變面の早業 魯大鳴さん(京劇俳優)


日本に在住し活躍している中国の文化・芸術関係者は少なくありません。その中でも魯大鳴(ルー・ダーミン)さんは、引く手あまたの売れっ子です。魯さんは、京劇俳優。日中友好協会でお馴染みの「北京風雷京劇団」の出身でもあります。得意種目の一つは、中国映画「變臉(へんめん)―この櫂に手をそえて」で朱旭さんが
演じて評判になった「變面」。魯さんの活躍を追ってみました。

魯大鳴さんプロフィール 1958年北京市に生まれる。北京市戯曲専門学校卒。北京風雷京劇団入団。1987年来日、舞台、テレビ、映画など多数出演。2009年4月からNHK教育「テレビで中国語」で、飯団(おにぎりパンダ)のナレーションを勤め、2010年5月同番組で「老北京」役を担当。現在、日中友好協会東京都連「中国語
会話」講師。妻、息子と東京に在住。実演をかねた「京劇講座」要請があればどこへでも出向く。 問い合わせは日本中国友好協会へ。℡03-3234-4700 FAX03-3234-4703
高度な技術求められる「變面」
話は、お得意芸の「變面」から始まります。「變面は、中国のお正月特別番組テレビや映画でも見ましたが、舞台での變面を見て、初めて自分と結び付きました。役者である自分もこの技ができたらどんなにうれしいか」
 以来北京に戻るたびに必ず見るようにしました。「變面」は、10数分の演技で「瞬時に顔を変える」という早業の連続です。魯さんは「10面」くらいを習得しています。
 「變面」は、もともと四川省川劇の技です。最近では京劇でも使うようになりました。川劇の「變面」は非常に技術が高く、テクニックも見事です。
 昔は、「伝男不伝女、伝内不伝外」といわれました。女はいずれ嫁になり家から出て行く、家から出て行く者に「變面の秘伝は教えられない」という意味です。
「玄宗皇帝・諸葛孔明」など好演
 京劇との出合いは、1972年、魯さんが14歳の時でした。何度にもわたるオーデションを経て、北京市戯曲専門学校京劇科に入りました。
 最も重視されたのは歌。そして演技力、先生の動き通りのいくつかのポーズの真似をさせられました。顔立ち、スタイルもチェックされました。卒業後、北京風雷京劇団に入団し、11年間出演しました。
来日の契機も「京劇」
            「三岔口(さんちゃこう)」の任党恵


 1987年に来日、宝塚歌舞団「月夜の歌声」で京劇(覇王別姫)などを指導。青山円形劇場、石川県立能楽堂では「能と京劇による楊貴妃」で玄宗皇帝を、国立劇場「胡弓」では三国志の諸葛孔明を演じました。
 日本に来るきっかけも京劇でした。中国での劇団時代、長安劇場に多くの日本人観光客が見学に来て楽屋を訪れました。日本人は、メークを見ても、衣装を見ても、何を見ても不思議そうな顔をするばかり。この好奇心と熱気を見て、「いつか日本で、日本語で京劇を伝えよう」と決心しました。
 いま明治大学法学部講師として、「アジア文化と中国語会話」で教鞭をとっています。テーマはもちろん京劇。京劇は、ズバリ言えば「美」と「漂亮」、つまり「内面」と「外面」の美しさです。メーク、衣装、立ち回りのすべてに「美しさ」が求められます。まさに「愛美之心、人人有之」なのです。学生たちは、京劇の表面だ
けでなく、内容、人間性などの知識、知恵についても良く学び、「実に熱心だ」といいます。「日本の将来を担う若者たちに、異文化を伝える責任と喜びを強く感じている」と、力を込めて語ります。
 日本での京劇の紹介、普及にも努力しています。『京劇入門』(2000年・音楽の友社)、『京劇への招待』(2002年・小学館)を出版しました。

文化交流は相互理解を促進

 ギクシャクした日中関係が続いています。魯さんは「何があっても、お互い冷静に対応し、話し合って解決してほしいですね。中国文化は、長い歴史を通じて日本に伝わってきました。文化交流は、平和と話し合いの環境をつくりだす大切な仕事だと思います」と、しっかり締めくくってくれました。
 (大田宣也・平澤ちぐさ)


石津宏介のHP(ホームページ)は、「石津宏介」で検索するか、
http://www.geocities.jp/fkpwr261/index.htm で見られるはずです。
駄目な時はj「あるがままに前進」か「arugamama3」で検索するか、
http://blog.goo.ne.jp/fkpwr261_521/ (261の後は[ _ ]半角の下バー)
で、HPとほぼ同じ内容を見ることができます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/133-bc206c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック