FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

中国報告その40  110416

来自中国的三个话题

「12歳少年、上海一人旅」

中学入学を目前に控えた孫が、ツアーでなく一人で上海に行くと決意。大人でも躊躇う税関を一人通過した。昨年の中学入学・高校入学前の姉弟二人の泰州訪問旅でも感心していた。結果的に12歳以下への特別配慮があった今回だが、実行した少年の勇気、健気さに学生等も敬意を表した。

偶々少し前の「タクラマカン砂漠が好きな石津宏介」のインタビュー記事掲載が縁で、知り合っていた記者の取材は孫の上海空港着から始まった。12歳は恥ずかしがり人見知りした。当時の私と同様だ。他人に馴染むまでに時間を要する。記者がそれも承知で取材対象に向うのをはらはら見ていた。孫は笑顔を見せることはなかった。

が帰国前夜、別の学生の前でだが笑った。孫の天真爛漫な笑みをこの中国でも見れたのだ。孫の「通過儀礼」的な中国人との三日間の交わり、日中友好の目標は100%満たされたと私は確信した。

【12岁少年的独自上海之旅】

眼看着就要上中学的孙子,下了决心不跟旅游团,自己一个人来上海。就这样独自一人,成功通过了令大人们都感到头痛的机场海关。即将升入高中和初中的姐弟俩去年的泰州之旅,就已经很让我佩服了。虽然孙子最终受到了机场方面对于“12岁”的特殊照顾,我的学生们仍对孙子在此经历中体现的勇气和坚强表示了感慨钦佩。

因人物特写“喜欢塔克拉玛干大沙漠的石津宏介”为机缘而恰巧相识的记者,从孙子降落机场那一刻开始了对他的采访。12岁的孙子腼腆羞涩而认生。真是和那个年龄时的我一样。和生人交流熟识需要时间。虽然记者对此已经有了一定的心理准备,但在一旁看着她和此次“采访对象”攀谈,我还是感到了些许的紧张和焦虑。孙子从从始至终没有露出过笑容。

然而就在回国的前一天晚上,在其他学生的面前,他笑了。孙子在中国也露出天真烂漫的笑容的那一刻,我已经确信,这次可以称为他成长中“通过礼仪”的与中国人的三日交流,证实了“中日友好”的绝对存在。


<風邪引いて>

不注意で風邪を引いた。「時間が薬」と思っているから耐えて待っていた。教え子が、漢方薬を溶かし持参した。飲んだ。何十年か振りの薬。多少苦かったけど、効かなかった。

代って別の学生が料理を作りに来た。夜、朝、昼。至れり尽せり。そして診療所にも連れて行った。私は病院なんぞ行きたくなかったけど、学生の必死さに負けた。日常的な授業や人との交わりをこなすその昼間は大して問題はない。だが夜ベッドに横になると止らない咳で、腹筋練習時のような痛みを覚える。熱はないのだが、眠るなど出来ない。

学生の一人は眠れず咳を続ける私の部屋に夜中やって来た。梨の実が咳にいいらしい。ぶつ切りして煮込んで飲ませた。ス-プや汁物の適正温度については見解様々。結局漢方医の友達にも中国の慣習の是非をも聞いた。哀楽の10日間、あれもこれも味わっていた。

<感冒了>

一不小心感冒了,我想“时间是良药”所以一直熬着等它自己好。学生熬好中药给我拿来,喝了。时隔几十年的药啊!虽很苦,也没见效!

另外的学生过来给我做饭,早上,白天,晚上,无微不至的关照,还带我去诊所。什么医院啊我根本不想去,但拗不过学生的执着。白天平时的上课还有和人打交道没有什么大问题,但一到晚上躺在床上,就止不住的咳嗽,记得如同腹部练习时的疼痛。没发烧,但睡不着。

我咳得整夜没合眼,有个学生半夜来到我家。据说梨可以止咳,切成大块去煮熟后让我吃了,关于汤、煮菜的适当温度都有各种讲究。最后,当中医的朋友一定要我听从中国的习惯,喜怒哀乐的10天,这个那个都尝尽了!


<人と人との縁>

「東京のお母さん」と勝手に呼んでいる阿部さんから上海立寄りの連絡を受けた。85歳、元気だった。昨年5月下旬の二日間上海万博を見て以来。だから一年足らずでの再会だ。

今回は、私の学生も上海に住んでいるから会わせたいと考えた。生きていてどんな人と関われているかが及ぼす影響の大きさを私はいつも考える。自分と異なる人と身近になれたらその分、生き方、思想の許容量は増す。結果的だが、飛行場への出迎え、食事会、見送りに学生らは同行した。阿部さんは縁を言う。私らが今あることも縁以上のものはない。

学生はTAXI運転手とのやり取り等でも活躍した。阿部さんが日本に戻り、知り合ったこの学生と東京なんぞで再会できたら僥倖ものだ。「昆布ちりめん・明太子しらうお・いりこ味煮」をも貰ったのだが、日本の佃煮3種を学生らと味わう喜びもまた分かち合える。

《缘分长存》

被我私下里称为“东京的妈妈” 的阿部女士要来上海,说是顺路呆几天,。她85岁,很健康。去年五月下旬我和她一起去看过上海世博会,所以这次重逢隔了不到一年。

我有学生也住在上海,这次想着把他们介绍给阿部女士认识。我一直在思考能够接触到什么样的人在我们的一生当中所起到的作用之大。如果能与自己迥异的人近距离交往,就会在生活方式和思想容量等方面相应的添色彩。整体来看,去机场接人、会餐、机场送人都有我的学生们陪同。阿部女士经常说起缘分。我们之所以存在也是靠缘分的。

我的学生在与司机的沟通等方面发挥了作用。希望阿部女士回到日本后能与这位学生再次见面。承蒙款待,还吃到了“海带伴小鱼、淹明太子白鱼、酱煮小鰛鱼”,与学生们一起分享日本的三种“佃煮料理”也是一大乐趣。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/146-47fbbabc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック