日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきましたコーナー

草の根ファシズム=
「ハシズム」の危険性に警鐘


10月20日、西南大学で行われた福岡県自治体問題研究所主催の「第33回・福岡県自治体フォーラム」に参加した。会場には日中の会員もちらちら。
記念講演はナチスドイツ(ヒトラー政権)の研究者、九大教授・熊野直樹氏による「安倍政権と改憲問題『ハシズム』との関係を中心に……」であった。マスコミ突出の「維新」と同床『同』夢の安倍政権の暴走、麻生氏の言う「ナチスに学べ」は今まさに深く進行中だ。国民との矛盾をはらみながら、その国民の手と足と口を縛る機密保護法はじめさまざまな法整備が着々と。「民主主義を願う市民の団結、連携、学習、宣伝が今こそ必要だ」と結んだ。

9月6日、熊野教授は福岡日中文化センター(日中友好協会福岡支部)でも話をした。「市民には初公開」という“ナチスドイツが「カイライ政権・満州帝国」を介して日本帝国とアヘン密輸取引を行い、ゴムなど必要な軍事物資を東南アジアで入手していたこと、戦後はこのアヘンがアメリカの手に渡り賠償資金に利用された、蒋介石政権やオランダ政府もそこに1枚かんだ”という衝撃的な事実、研究の成果を報告した。近々、書籍も発刊されるという。多くの市民が目にされることを大いに期待したい。  (い)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/198-1b68da86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。