FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湖南省紀行<下>
 廠窖事件の地で献花。 負の遺産も強く胸に!
                                           大薄利信
ところで、「賀龍将軍」は紅軍第2軍の司令官で、勇猛で庶民的で兵士たちに愛された伝説的な将軍である。
有名なアメリカの新聞記者、アグネス・スメドレーによれば、賀龍は湖南省の貧しい農家の生まれで文字は読むことはできたが、書くことはできない、「地方軍閥」「匪賊」などと言われもした。
40代の将軍に初めて会った時の印象を、「民話か何かに出て来る口髭のある蒙古人か、中央アジアの版画のようだ」と言っている。そして「馬が好きだった」とも。
賀龍公園の銅像は正しくその通りである。この大国立公園内にその名を付けられたということは、やはり中国人の英雄ということだろう。
因みに今回当初計画段階で見学予定地に上っていたもう一人の将軍、彭徳懐は全く違うタイプの人で、30代の頃「革命と結婚した鉄の正義の人」と言われたが、後年、悲劇の人となる。

旅の3日目はやはり張家界で、「十里画廊」をトロッコで見学、後森里公園を散策し楽しんだ。

4日目は雨の中を廠窖へ。途中長時間のバスの中。今回、7名の参加を頂いた詩吟の会の方々の吟詠「洞庭湖」「桃花源記」の簡単な説明、漢詩の紹介、それに廠窖事件の予備説明があった。現地記念館ではわざわざ2人の生存者を呼んで91歳という方の生々しい説明が1時間以上あった。我々は自国の負の遺産を忘れる訳にはいかないだろう。会館を出る時、私は会館の若い衛士と「日中永遠不再戦」と言って堅く握手した。

5日目は毛沢東故居と銅像広場へ。近くの劉少奇故居モ見学。2つの差は歴然。
ただ、毛沢東の銅像広場で私がバスで紹介した毛沢東の「沁園春雪」の石碑を見つけて喜んだ。(この詞は40年前から自宅の玄関に入った正面に大きなパネルにして飾ってある)。
この日の午前中は中国4大書院の一つ岳麓書院をけんがくしたが、予定の馬王堆漢墓の見学ができなかったのは残念。
 旅行の最後は上海に戻り、「中共一大会址記念館」という所を見学後、帰国。
全体を通して楽しい旅であった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/261-dbfe78ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。