FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

本文「320字」・中国からの三題ばなし091001
            (中文翻译 刘秀凤)

<建国60周年の立会い>
意図的ではなかったのだが今この中国にいて、60周年記念に向けての取り組みをテレビを通して垣間見ることになった。この一ヶ月、「我愛中華」の文字や言葉を見ない日はなかった。56民族の異なる言語の中での唯一の合言葉になると言うのだろう。
 中国人のブログ中の部分紹介(サーチナ)に、「反日は愛国でない。偽造や贈賄が反愛国だ」と言うのを見つけた。同じサーチナで「若い人に反日が増えているのは、過去の日本の侵略行為が残虐、悪質だったからでなく、その事実を本当だと知らなかったり認めない日本はまた侵略する可能性があるからだ」とあった。
 中国でも新型インフレの流行が進んで、式典への影響を危ぶむ声もないではなかったが。
<建国60周年的现场提提体验>
无意识看到了最近正在热播的中国建国60周年纪念的电视节目。这一个月里,没有哪天没有看到“我爱中华”的文字及语言。也许是56个民族不同的语言中唯一共同的言语吧。
  中国人的博克(沙池娜)其中有一部分是这样的:“反日不是爱国,伪造或贿赂是反爱国。同样是沙池娜,也这样写到:“年轻人反日情绪高涨不是因为过去日本的侵略行为残酷暴虐,而是因为不知道事实或不承认事实的日本将来还有可能再次侵略中国。”
  新型流感在中国也迅速蔓延,庆典仪式危险性的声音也不是没有的。

   <非日常の飲食>
長い旅の列車の中でも飲食物を買う習慣を私は持たない。中国でも買わない。が、偶に気まぐれが生じる。私はビールを買った。日本では飲まない物だ。旅の過程で何となく買いたくなったのだ。ジュースでもヨーグルトでも5,6元。ビールも5元。コップもないから瓶ごと飲む。周りでビールを飲む人は誰もいなかった。私一人が酔っていた。
私の日常感覚では、10元(140円)の食事は高い。しかし旅の途中高く思わない時もある。ホテルが市民に開放している朝食券を10元で買った。私は少食だから、食べ放題方式では人のように元は取れない。でも食堂で日記をつけパソコン打ちの出来るゆとりは日本でも見つけたことがない。この食堂では実行できたのだ。
<非日常的饮食>
我没有在长途旅行列车上买食物的习惯,在中国也一样。但是,偶然心血来潮,我竟然买了啤酒,这种在日本我也不喝的东西。在旅途的过程中也不知为何就想买了。无论饮料还是酸奶都要5.6元,啤酒是5元。没有杯子只好拿着瓶子喝。周围谁都没有喝啤酒只有我一个人醉倒了。
在我的习惯思维中10元(140円)的饭菜有点贵,但是在旅途中不感觉到贵的时候也有。旅店里我买了10元向全民开放的早餐券,因为我食量少,吃自助餐不划算,但是在那个食堂可以敲敲键盘写写日记,这样空闲的食堂在日本也找不到。


「中国と日本の距離」
外国人への中国政府の修業ビザ交付は難しくなって来ていると言う。年齢がそうさせただけではなく、今回「大学卒業証書」はともかく「日本語教員受講修了証」の提出も求められた。書類送付に時間を要するはずだったが、学校は国際電話をかけるよう要求した。それで確かに事務処理が少し進んだ。
この間、別の発見をした。私の日本での携帯は外国使用は不可なので日本からの電話は繋がる訳がない。なのに、ある人からの電話を受けて話すことができた。また携帯メールだと姪とも通じたからびっくり。また、経験済みで驚くことでなかったが、スカイプですぐ間近に孫の声が聞けた。距離の近さが諸々そうさせているのだろう。
「中国和日本的距离」
虽说中国政府的外国人修业签证很容易办到,关系到年龄就没那么简单了。这次不仅“大学毕业证书”还要求提交“日语教师修了证书”,当然要求资料提交的期限,学校要求打国际电话, 事务处理确实有一点进展。
前一阵子,发现了其他的事情。我在日本的手机因不能在国外使用的,从日本打来的电话也是接不通的。可是,我竟然接通了有个从日本打来的电话,还有惊奇地接到侄女发给我手机短信!以往的经验虽不感到惊讶,用Skype能马上听到孙子的声音,日本和中国的距离真是变小了! (090930)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/41-6cec8be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック