FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

100201

<春節休みの課題>
 折角の長期の休日である。日本には帰らない。中国でしか出来ない何かをしたいとこれまでも思ってきた。今年は以下のことを考えている。
 ①二胡の練習。昨10月から先生について習ってきた。先生に会えない旅の時でも持ち歩いて練習する。②中国語の勉強としての易しい中国語の読書。新学期には学生に翻訳の練習も要求したいから、易しくても翻訳し甲斐のある作品を事前に読んでおく。③そして人に会う旅。今度の旅はそれほど遠くまでは行かない。全3000㎞余の行程になるだろうか。上海、泉州、アモイ、広東省海豊。戻りついでの、蘇州、丹陽。どれも楽しみ。三箇所の春節前後の農村生活体験は特に興味がある。
<寒假课题>
  好不容易的长假,不能回日本。一直都在想只有在中国才能做的事情,我想今年有以下的事情。
①练习二胡。从去年10月跟随老师练习,即使不能见到老师的旅途也带着去练习。
②作为学习中文读简单的中文书。新学期想要求学生的练习翻译,即使简单也要翻译,事先阅读作品。
③然后是相约旅行。这次的旅行不去太远,全程3000公里左右。上海,泉州,厦门,广东省海丰,回来的时候去苏州,丹阳。哪里都很有意义。特别是体检农村春节生活和感兴趣。

<節目の数を契機に>
 市民運動で賛同者の増加を願う場合、発信する情報に触れる人の数の増大は大事である。だから見て貰えるモノ、内容をどうするかで努力する。紙(ニュース)の場合は「ブログ」と異なるものが加わる。それは、色々な人に機会ある毎に手渡せるかである。渡せるだけの余分の機関紙を常に携帯していなければ成り立たない。この姿勢がカギになる。
 『日中友好協会福岡県連版』401号がこの程発行された。『玄界灘支部版』は50号である。この節目に更なる前進を願う人は少なくない。定期発行が前提だが、郵送費等が同じなら、例えば2部以上入れ、次の発行日までに誰か一人以上に手渡しする活動を促せたらいい。貰った人がすぐ読者や会員候補にならないとしても、「会」の宣伝にはなる。
<以转折点的数目为契机>
  希望加市民运动赞同者的话,很重要的是要加接触信息的人数。因此,该着力可以看到的东西和内容。纸张(新闻)的情况下,加上和“博客”不一样的东西。那就是,只要有机会就亲手给每个人发送。如果没有经常携带能用手传递多余的机关用纸也是不行的,这种状态很关键。
 “中日友好协会福冈省连版”401号就是按这程度发行的。“玄界滩支部版”有50号,希望以这转折点前进的人不少。定期发行为前提,邮寄费等一样的话,比如说,放入2部,到下次发行日为止至少能亲手给一个人以上传送的话就很好。如果拿到的人即使不能马上成为读者或会员候补,但也达到“会”的宣传。

<礼儀>
 中国のあちこちで経験したことだが教室でも職員事務所でも大半はコートを着たままだ。厳しい寒さが前提なのだろうが、温度差も気にしない。だから他人の家では脱ぐものだと言う礼儀作法も生れようがなかったか。とすれば学生たちの責任でないかも知れない。
 それでも思う。やはり理解に苦しむ。「日本人の家に行ったら、コートや帽子を脱いで上がらせて貰うもの」と私が説明すると「分った」と答えは返って来た。でも誰も脱がない。寒いなら「寒いから」とか言えばよさそうだが黙って座り込んだまま。この鈍感さは何だろう。婉曲な表現を理解できなかっただけも知れない。いずれにせよ、この種の学生達は日本企業に勤めることはできまいと、ここでも思った。私ら日本人教員の役割である。
<礼仪>

  在中国的各个地方的经验是,无论是教室还是教职员事务所大部分人都穿着外套,也许是酷寒的缘故吧,温度差也毫不在意。因此到了其他人家里也没有脱外套的礼仪习惯。要是这样想的话,就不是学生们的责任了。
 即使这样想,也很难理解。当我介绍了“到了日本人的家,要脱了外套或着帽子”时, “知道了” 回答道,却谁都也没有脱外套。如果是冷的话说“因为太冷了”也好,但坐着却什么也没有说。这种钝感究竟是什么呢?也许是不能理解婉转的表达方式,不管这样,如果这样的学生不能在日资企业上班,想到这里,也这是我们日本教职员的使命。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/63-99412fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック