FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

<海豊の牛たち>
 訪問先は、広東省の小さな農村ながら広大な敷地を擁していた。そこで水牛ではなく日本にも多くいた黄牛を15頭飼っていた。現金が欲しくて一年で売れば得られた2000元はすぐ消えてしまう。二年間三年間と我慢して育てていればその分少し大きな額が手に入る。「放牛」と言うこの仕事で子どもを大学に行かせる。牛を草地に連れて行き、途中での見回りも怠らずまた連れ帰る面倒な仕事も厭ってはいられない。冬の大地にわずかに覗かせている緑の草々を、牛はひたすら吸い取るように食べ続ける。薩摩芋も収穫する。泰州で買えるのは赤芋だが、ここのは日本で食べていたのと同じ白芋。しかし今は人は食べず、あひるなどの餌になっていると言う。土産に貰った芋は私にはとても美味しかった。

<海丰的牛>
  这次访问的是广东省内一个拥有宽阔土地的小农村。那里饲养的不是水牛而是和日本一样的黄牛,有15头。小牛长到一周年可以卖2000元,但现金马上就会花光,没有必要的时候不卖。再养两年至三年,能卖到更高的价格。“放牛”这样的工作能供养孩子读到大学。把牛牵到草地,中途要去看好几次,傍晚又毫不厌烦地牵回家。冬天的大地寥寥无几的绿草,牛却一个劲地不断肯着。也拿到番薯了,在泰州能买到的是红色的,这里拿到的和在日本吃过的一样,是白色的。但这里人却不吃,据说是喂鹅等家畜的饲料。作为土特产得到的番薯对我来说特别好吃。

<ある日の走行距離> 
 出不精な私だが、時には一日中の長躯のバス旅も厭わない。2月17日はこうだった。
 7時過ぎ熱い粥を食べ別れを告げる。坑子口7:40<30km>8:40永春(見送り人との別れ)9:10<160km>12:00アモイ(三年振りに出会った教え子とその彼氏と一緒の昼食)14:40<300km>18:40スワ頭(駅前食堂で中国に来て最上の定食)20:40<200km>23;50海豊(別の教え子とその彼氏と夜中の繁華街を見学)0:30<40km>1:00スワ尾・紅海湾(彼氏宅までタクシーで小一時間、それから家族の皆と夜食)。(たどりつくまで18時間)。
距離730kmは、日本に置き換えると、愛知万博会場<30km>名古屋<160km>大阪<300km>広島<200km>北九州<40km>福津。全てバス。私はこの長時間内の色々を存分に味わう。

<某天的行程距离>
  懒得出门的我,一整天在巴士度过也不厌烦。这天就是2月17日。
早上7点,喝过热粥后出发。坑子口7:40<30km>8:40永春(和送我的人告别)9:10<160km>12:00厦门(三年不见的学生及她男友一起吃午饭)14:40<300km>18:40汕头(车站前的食堂吃了最好吃的快餐)20:40<200km>23;50海丰(和另一个学生及她男友一起观看商业街夜景)0:30<40km>1:00汕尾.红海湾(打的到她男友的家不到一个小时,然后和他家人一起吃宵夜)。(好不容易走了18个钟)。
距离是730km,在日本换算的话,爱知万博会场<30km>名古屋<160km>大阪<300km>广岛<200km>北九州<40km>福津。全都是巴士。在这长时间内我充分体验了各种各样的东西。

<アモイ・蘇州・丹陽>
 三年振りに出会う人もいた旅だったのだが、若い人の三年間は、彼女彼氏も出来、結婚した人もいる。年寄りとしては若い人の変化が眩しくまた頼もしくもある。
 蘇州の観善街では日本のテレビ録画が見られるDVD機を一緒に探した。私には理屈が分らないのだが、映像をパソコンで見る機械を結果的に見つけることが出来なかった。
 丹陽は現役の学生の故郷。ここは眼鏡を買うのがいいと蘇州の人にも教わっていた。私の目の悪さは複雑だからそれをも解消して貰えるか心配だった。が、300元の値段にも惹かれて買った。今の私の眼鏡の十分の一以下である。名も知らぬ街も多い。またすぐ忘れてしまう。だがこの丹陽も、学生の顔と共に眼鏡を買った街として忘れることはなかろう。

<厦门・苏州・丹阳>
  虽说会见三年都没有见过面的人是我的旅行,年轻人在这三年内,交往上女朋友男朋友,结了婚的人也有。作为老年人,年轻人的变化令人眼花缭乱,前途无量。
  在苏州一起找到了能看日本电视录像的DVD机。也许我不懂,没有找到在电脑能看画面的机器。

  丹阳市是现在在教学生的故乡,苏州的人说在这买眼镜好。我的眼睛不好而且比较复杂,担心是否能找到合适的。但,只花300元就买到了,是我现在用的眼睛的十分之一以下。不知名的街道很多,马上就忘记了。但丹阳及和我一起买眼镜的学生的脸及街道,是不会忘记的。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/69-70059925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック