FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介

<2010年3月5日号>

54号『ニーハオ玄海』
*「中国近現代史講座」参加の弁『中国近現代史に取り組む理由』「40歳代半ばで知った故郷北九州市小倉でなく長崎に原爆が投下された事実。退職後愚かな戦争を解明・究明したく近現代史を紐解いている。」(藤井和貴)*故事来歴②『東施効顰=顰(ひそみ)に倣(なら)う』「西施の顰(ひそみ)をまねた東施の効果は如何?」*ご案内『玄界灘支部第3回総会』6月6日(日)10時~12時。*ご案内『本場中国のシュウマイを作って食べよう』3月22日(月)午前10時半 前日に仕込み 会場ふくとぴあ 会費500円。(申込先松尾0940-43-0329)*3月計画表。

402号『福岡県連版』 
*6月全国大会に向け会員・市民に心を寄せる活動が進む『第2回県連理事会、200人増を確認』。*筑紫支部結成準備会『地域のみなさんのご参加をお願いします』。*福岡・筑後青年部準備会3月16日(火)19時日 中文化センター『学習と交流 若い人は集まろう』。*ご案内『中国語スピーチ発表会』4月11日 博多リバレイン(詳細は後日)。*友好協会ならではの『医療健康・法律相談会』スタート。*読売新聞1.18号『日中友好に尽くす糸島支部長宗広夫妻を紹介』引き揚げ夫婦「懸け橋に」、「戦後」しみるギョーザ(角谷志保美記者)。*第1回中国人強制連行・強制労働事業所跡地探訪「5月8日(土)」。*九州地区中国帰国者の会主催 「感謝の会」4月29日(祝)協力日中友好協会福岡県連等。*帰国者役員会と懇談会『今後も支援が大事』。*福岡支部新春の集い『演奏・歌・踊り・大道芸能、笑いと拍手の3時間』。*『無料券 残少』 文化庁主催 「日中合作公演とシンポジウム」『3びきのコブタ』。3月19日(金)13時半 太宰府市九州国立博物館、20日(土)13時半 飯塚市嘉穂劇場、21日(日)14時 北九州芸術劇場、22日(祝)福岡市ホテルニューオータニ博多、25日(木)16時半 大牟田文化会館。*

2186号『全国版』
*米国が意図的に対中摩擦『衰退化の超大国 「登り龍」への牽制』「グーグル、台湾、ダライ-ラマ オバマ訪中で戦略的協調確認 米国債減らした中国 どうなる胡主席の訪米」。*中国残留日本人孤児 長安伊知子さん『雨桜』を自費出版。「孤児となった半生。幸運にも日本に帰るときが来た私は、天へ向かい世界へも届く声で雄叫びをした!!」 23万華字 358p敦煌文芸出版社(甘粛省)発行 希望者申込先〒135-0062東京都江東区東雲2-4-4-223長安伊知子方 <日本語に翻訳してくれるボランティア募集中>。*『季刊中国』主宰「中国のマルクス経済学研究は?」宮川彰首都大学東京教授が講演。*「中国の若者たち」(吉田邦夫)。*南船北馬 民医連レポート「品格のある国 キューバ」の連想で藤原正彦『国家の品格』に対する批判=「国家には自由、平等、民主主義は不要かの批判(徳方宏治)」を支持(竹)。*開催間近―上海万博③「街の化粧直しと市民マナー」(孫国震)。*『進まない戸籍改革』「都市農村の矛盾深まる 三等国民になっちゃう・都市化進み不満うっ積・憲法では国民は平等と」(石田聡)。*黄土高原の変遷(中)『広がる豊かなりんご園』「灌漑改良で5万人に恩恵・裁判面積2万㌶・国内の販売拡大などが課題」(姜波)。*中国は広い<最終回>『漢字が読めない』「基本的には、漢字一字のときは訓読み、漢字二字なら音読み、と教える」(原秀彰)。*嵐に抗した人びとの足跡『協会と「断交」言明』「脱走派旗揚げを中国が激励・エスカレートする文革賛美」(橋爪利次)。<かつて文革を賛美した「日中文化交流協会は、現在(辻井喬会長)、日中友好協会の活動に協力・支援あり>*『春節の集い』愛知県連・東京都連・福井支部・さいたま支部・千葉支部・県連は初出店で交流とPR「にぎわった名古屋『春節祭』」(浜島健)。*「仲間つくり」推進コーナー『200人以上の会員増をめざし奮闘する東京都連』。*江戸糸あやつり人形劇団 結城座『宦官提督の末裔』を公演。日中の人形遣いの共演が夢「時代の武将 鄭和を題材に・人形と人間が織りなす独特の舞台空間・ルーツは中国」(お)。*きりえで描く中国②「白族の藍染工房」(石橋了)。*『大雁塔周辺の新しい街』(西安・牧野光延)。*本紹介『末期戦中派の風来坊』「あの嵐=文革の渦中で日本の平和民主運動の活動家として「自主性」を貫き通すことは並大抵のことではない」(評者大田宣也)<もう半世紀近くも前に『十年経ったら』で若者を奮い立たせた詩人土井大助の本 連絡先〒201-0015東京都狛江市緒方4-5-13土井大助>*漢語の散歩道『音と訓』(一海知義)。*中国映画の明星(スター)物語「童瑶『小章子怡といわれて』」『山の郵便配達』の霍建起監督は童瑶に何かを見つけた(石子順)。

現物は以下の場所にご連絡下さい。
『玄界灘支部ニュース=ニーハオ玄海』福岡県福津市宮司4-12-17(TEL 0940-52-1246)
『福岡県連版』福岡市中央区渡辺通2-8-23(TEL 092-761-0604)
『全国版』東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/71-0719964c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック