FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

本文「字数変更 360字」・中国からの三題ばなし その14
        (翻? 所V秀?)

<中国でのバイク初運転>
 中国で最初に勤めていたショウ州では同僚教員のバイクに乗せて貰うことが多かった。ハルビンでは自分の電動自転車に乗るだけだった。蘇州でも同じ電動車だったが偶に学生のバイクに乗せて貰うこともあった。それでも日本でと同じように自分でバイクを運転するのを夢見ていた。しかし実現はなかなか難しい。それが広東省の南、太平洋に突き出た「遮浪半島」で実現したのだ。風力発電の風車が10基以上も並ぶ風の強い場所なのだが、ここを100ccバイクを借りて走ることが出来た。30km程度の距離でしかないが、私は十分に堪能した。最後は、田舎芝居を2時間観た後の夜の10時過ぎからの6km。時に対向車がまぶしかった。風も冷たかった。だが、スピードを落としていたとは言え、いかにもバイクに乗っていると言う便利さを体感した。上海では買うべきかどうか検討課題にしたくなった。

<振り返り今年の春節>
 「春節」と言えば、まず以前のハルビン市木蘭郊外の農村の春節とオンドルのような温かな寝場所を思い出す。春節の旅では列車の切符を買えなかったことも思い出す。何時間も待つ辛抱強さもないが、この時期の特別の買い方も知らない。だから長距離は飛行機に乗っていた。一方バスは切符の買い易さも好きだったのだが、今回の春節の旅では列車はもとよりバスの切符すら買えない現実に出遭った。それで予定が狂ってしまった。
 上海も江蘇省も出かける時は寒く零度近くを示していた。それでも一晩明けると暖かい世界にいるはずだった。しかし福建省も広東省も実際は寒くて持っているものを全て着込む感じになった。ただこの種の予測違いは悪くない。別の体験が出来たことになるからだ
下駄はどこでも活躍した。小さなことだが、水溜り等で靴は到底下駄に敵わない。

<初雪>
 泰州は福岡と同じ程の緯度だが、冷たさを感じることが多い。ところが雪は降らない。先日初めて雪らしい雪の降るのを小一時間経験したが、地面が濡れていて、降っても降ってもすぐ消えていた。ところがその二日後の朝、目覚めると積もっているのである。
一面の白銀の世界というには程遠いが、雪なのだ。学校の渡り廊下は吹き曝しだから雪も降り込む。滑りやすさに気をつけ杖を突き突き教室に向った。大学生だからか、雪合戦も雪ダルマもない。でも小中学校で珍しい景色に喜ぶ子どもたちの様子を想像してみた。
 こんな時、刀郎の『2002年の初雪』の歌を思い出す。ウルムチはタクラマカン砂漠のすぐ側だが緯度は高くハルビン並、寒いはず。今年はウルムチ等にも夥しい雪が降った由。三年前の冬休みは下駄のまま闊歩できた場所だった。が寧ろそれは例外的気候だったのだろう。


<在中国第一次开摩托车>
在中国第一次工作的地方漳州,同事用摩托车经常载我。在哈尔滨骑自己的电动车。在苏州偶尔学生也用电动车在我。即使这样,也梦想着和在日本一样自己骑摩托车。但现实很困难。那是在广东省的南部,太平洋突出的一个半岛,遮浪天涯海角上实现了。风力发电的风车有10架以上并排着风很大的地方,在这里借了100cc的摩托车。虽然不到30km的距离,我开得非常的熟练。最后,去看了2 个小时的乡村戏曲,已晚上10点过后,在回去的6km路程中,总有对面开过来的车灯很刺眼,冷风梭梭。虽说是放慢了速度,自己开着摩托车的便利让我确切体会到了。在上海是否该买辆摩托车成为讨论的话题。

<回顾今年的春节> 说到“春节”,首先想起以前在哈尔滨市木蘭郊外的农村春节和炕一样温暖的场所,也回想起因春节旅行买不到火车票的情景,没有长时间排队等待的耐性,在这关键时期买票的特殊方法也不知道,因此只能坐长途飞机。一方面也喜欢巴士买票的方便性,这次的春节旅行遇到了不仅是火车就连巴士也买不到票,打乱了原来的计划。
无论上海还是苏州,出发的时候很冷接近零度,即使这样在一晚过后该是温暖的世界吧!但是,实际上福建省广东省也很冷,带着的衣服全部穿在身上。但这种错误的预测也不算坏。可以体验到另一番风味。到哪都穿着木屐。比如小的地方,水会沾湿鞋底,而木屐却安然无恙。

<初雪>
  泰州是和福冈一样的纬度,感觉到冷的时候较多,但从来不下雪。前些日子第一次有点像雪的东西飘了不到一个小时,地面很湿,即使下了雪,到了地面也立刻化了。但在那两天后的早上,当我醒来的时候却积满了雪。
说是白银的世界有点夸张,全部是雪。学校的走廊也吹下了很多雪。为了防止路滑,我拄拐杖去教室。虽然是大学生,也没有打雪仗或堆雪球的。但想象起小学和中学校园里孩子开心的珍贵场面。
这时候,想起了刀郎的《2002的第一场雪》,乌鲁木齐在塔克拉玛干沙漠的另一边,和哈尔滨一样高的维度,一定很冷。今年乌鲁木齐等下了很大的雪。想想三年前的寒假,我穿着木屐阔步行走,那是特别的气候啊。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/73-3b2d2118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック