FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

<連載>日中友好協会新聞・雑誌の部分紹介

『季刊中国 第100号 2010年春季号』紹介
*巻頭言 渡辺貢
「2010年、アジアの時代といわれ、“東アジア共同体”の文字が躍っている。」

*三農問題断想 田中祥之

 中国が資源配分を、市場経済システムを基礎に行うのは正しい選択ではない。中国における三農問題(農業・農民・農村問題=農民の権益が失われている問題)をめぐる現実は改めてそのことを示している。
<紹介者石津感想=福建省の農村出身の青年共産党員と話した。最初は国家の三農政策が出来たから都市との差別はなくなった、と言った。その後、人としての文化的要求から農村を離れる道を選ぶ自分たち若者の現実を告白し、それらが農村差別の証明である、とも語った。>

*党建設を集中討議した四中全会 平井潤一
党を厳しく治める任務・各種の弱点も指摘・党の執政水準向上が急務・マルクス主義学習型の政党建設・党内民主主義の発展・幹部人事制度の改革・党と人民大衆との結び付き・反腐敗闘争の深刻化
<紹介者石津感想=党建設は常に重大な課題であるはずだった。今回それが可能になったほど、事態は深刻なのかも知れない。私の知る学生の共産党員の多くはあらゆる意味で尊敬に値する。しかし、またどこの大学でも親の七光りや要領だけいいのが雑じっていた。これらのいかがわしい部分の解消が、党建設の具体的目標の一つにもなるべきなのだろう。>

*深刻化する腐敗の背景を探る
  ―中国の公的メディアから 末浪靖司(訳)
《学習時報2009年12月21日(第517号)》
『群集事件に直面して、政府はいかに反省思考し対応すべきか』汪玉凱
「当面の情勢をいかに判断するか・群集事件激発の深層原因・いかに処置し対応するか」
《新華報業ネット2009年12月31日』 
『なぜ県委員会書記が腐敗の危険の大きい層になるか?』高福生
 「1、権力の集中しすぎ 2、誘惑がどこにもある 3、監督する力の欠如」
<紹介者石津感想=四中全会の党建設課題と重なるが、この腐敗解消は深刻なだけに解決も困難な気がする。学生たちと語る将来像では、河の浄化=ごみ下排水処理と、汚職、賄賂の駆逐を挙げる。蟷螂の斧であってもどこかから始めなければ腐敗は永久に存在する。中国の公的メディアで公表された文の末浪訳を読むと、中国の心ある学生たちも少しではあれ希望を抱けるのではないか。>

*新歳時記 春の巻 春聯 春を迎える対句 辻雄二
「対聯という一文化事業を通し、ナシ族固有の文化創造のあり方、そしてその底流にある人々の思いを学ぶことには、日本と中国のみならず、世界のあらゆる人々との相互理解のあり方を考える上で、重要な示唆が含まれているのではないだろうか。」

*中国の外交における中央アジアの意味
 (一九九〇年代半ばから) 趙宏偉
「はじめに」。「一、中国のアジア外交の柱」上海ファイブと上海協力機構・苦悩 自由経済圏に進まない上海協力機構 「二、ユーラシア外交への延伸」上海協力機構の拡大・中印ロ三国強調の企み・二ヶ国間、多国間協力体制の構築 「三、アフガニスタンにおける利益と責任」「終わりに」。
<紹介者石津感想=「日中友好新聞」は、10.3.5号1面トップで、「米国が意識的に対中摩擦」と記した。アメリカ政府の中枢における一極主義と多極化志向の権力争いでは後者が勝って来たとの指摘通りの振舞いであろう。アフガンでアメリカが期待する中国の役割の指摘など、中国を中心とした経済政治状況の分析で、私は目を開かせ貰った。思えば5年も前から中国では当然のごとく上海協力機構をニュースに仕立てていた。日本ではどうだったか。あたかも諸々な思いを駆け巡らせる「小説」を読めた気分である。>

*中国文学あれこれ 89
   『文學雜誌』と『現代文學』 二誌を通して見る五、六〇年代
  台湾文学のモダニズム意識  小笠原淳
「“現代文学”の創刊・“文学雑誌”と白先勇・“文学雑誌”と新進気鋭の青年作家たち・“文学雑誌”のモダニズム意識・“現代文学”のモダニズム意識・“現代文学”とフランツ・カフカ・結び」
<紹介者石津の感想=この種のテーマに関しては疎いし興味も薄い。それでも辛抱して読めば、奇花異草に敢て挑戦し得た若々しさや、時代の動きを感じ取ることは出来る。>

*中国内外大事記 2009年10月~12月

*読者の声・編集後記

発行所 東京都千代田区西神田2-4-1東方学会ビル3階(TEL 03-3234-4700)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/76-d827961a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック