FC2ブログ
日本と中国の友好を願って活動する日本中国友好協会玄界灘(宗像・北粕屋)支部

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

・中国からの三題ばなし その18  100516
(翻译 刘秀凤)

<契約書>

 9月からの内定の大学から契約書を交すとの連絡を受け上海に行った。労働条件も今とさして変わらない。物価が高い分少し経済的には不利と言えるかも知れない。でも上海に出る度の時間(往復8時間弱)とお金(往復200元)を考えれば、よくなることは間違いない。
 何より泰州で切れるビザを継続出来るよう配慮する、と言うのが魅力だ。契約は一年毎。だから来年再契約できるよう頑張りたい。「上海の同じ学校で2年間仕事する」のが元来の願いだが、万博「前後」から万博「後2年弱」と計画はずれた。が、それは小さな違いだ。
 今までは契約書の内容など丁寧に見て来なかった。特に外国で仕事などする場合は契約書で全て判断する以外にないのだから、知らなかったでは済まされない。その意味で、漸く私も契約書を重視するまともな労働者になれたと言うことである。学習の力は大きい。

<签合同>
  从9月份开始工作的大学给我联系,去上海签合同。劳动条件和现在的没有多大变化。物价有点高就经济而言也许不利。但是,考虑到每次去上海往返花将近8小时和200元的车费,觉得是件好事。


主要是考虑到泰州的签证到期,而这所学校的魅力是能续签证。合同是每年一签。为了明年也能续签要加油啊!“在上海的同一所学校里连续2年工作”是我本来的愿望。世博会“前后”开始到世博会“还有不到2年”的计划有点出入。但,这是小错误。

到目前为止都没有好好看合同书。特别是在外国工作等情况,除了合同就没有其他可以判断的了。不知道的并不意味着就完事。从这一意义上看,我也逐渐重视合同了,可以说是成为了正派的劳动者。还要继续学习。

<井上ひさしの『組曲虐殺』>

 上海でいつも泊る宿舎で、5月9日(土)の夜遅く、偶然なのだがNHKbs2で、井上ひさしの業績紹介の後、彼が亡くなる前に書いた『組曲虐殺』も観た。4時間に及ぶ番組だった。
 私は学生の頃から『小林多喜二選集』も買い、その後も尊敬し続け、『多喜二祭』などに参加したこともある。この多喜二を井上ひさしが書いたのだから嬉しい。多喜二が主人公の芝居を、この中国で最初から最後まで観ることができたのである。運がいい。
 劇中のセリフで国家権力がぬけぬけ言う。「もう少し穏やかにして長生きする方が読者も喜ぶ」の類だ。この言葉に、自惚れの強い多くの輩が牙を抜かれて来た。「処世」術でもある。私は多喜二に及ぶことなどないが、せめて彼が貫いて来た生き方を学び、なぞりながら生きていたいと改めて思った。

<井上久的《组曲虐殺》> 
在上海一直都住的旅馆里,5月9日(土)的深夜,很偶然地在NHKbs2看到了井上久的业绩介绍后,也看了他去世之前写的《组曲虐殺》。长达4个小时的节目。

在我学生时代,买了《小林多喜二选集》,之后也参加过《多喜二祭》等。虽说井上久写了这个死也瞑目。在中国能从头到尾观看多喜二为主人公的戏曲,真的太幸运了。

剧中的对白中说国家权利是厚颜无耻的,是“稍微稳重长寿的人读者也开心”类型。这种忠言顺耳的话,容易自我陶醉之辈变得麻痹自大。也有“处世”之道。我虽不受多喜二的影响,但至少也通过他学到了生活之道。想参照他人经验生活下去。又一次想起了中日友好也好宪法9条之会也好,都得好好把握。


<上海万博紹介その1>

 この期、江蘇省泰州から280㎞の上海に向うバス停でも、一般の荷物検査とは別に、切符改札の場で「身分証明書」提出が求められた。上海駅に着き、敷地外に出る時もまた荷物検査。万博会場に行かない者にも全て要求する。警官、ガードマンの嫌な目付きが怖い。
進行方向を間違えたか大声が飛んで来た。周りの中国人は何事かを期待し一斉に私の方を見る。勿論何事も起きない。失望した注視の目は消えていく。のろのろと長い道のりを歩かされるのだから、「偶の事件」の遭遇に期待するのだろう。『阿Q』の世界だ。
一方春節の旅の時、重い荷を担がざるを得ず私の足を痛め歩行困難にさせた上海駅北広場の長い泥の凸凹道も、遂にコンクリートや敷石で覆われた。依然大規模工事中だから街は汚い。が雨の中でも荷を引っ張って歩けるのはいい。駅北バス停の完成ももうすぐだ。

<上海世博会介绍之一> 
这个时期,即使距离上海280千米的江苏省泰州汽车站,一般的行李检查之外,在检票处也要提出“身份证”。到达上海车展后,出站时也要检查行李,即使不去世博会会场的人也一样要求检查。警察,保镖恶狠狠地监督让人感到恐怖。

要是前进方向错误的话,便大声呵斥。周围的中国人好像期待什么似的一齐朝我看来,当然没有任何事情发生了,失望的眼光消失了。长长的队伍在慢慢地挪动着,大概在期待着“偶然事件”的发生罢了。“阿Q”的世界啊!

在春节旅行时,沉重的行李脚痛难忍我不得不放弃走上海车站北广场的凹凸泥路,到水泥路和石路上走。依然是大规模的改造工程,街道很脏。但雨中拉着行李不行也还不错,车站北边的公车站很快就完工了。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://genkai08.blog103.fc2.com/tb.php/88-4291fb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック